ワインブログ ―wine blog―

格付けシャトーに匹敵する素晴らしいワインを造り続ける、家族のワイナリー “シャトー デュ オー マレ”(営業2課 齋 光太郎)

今回のブログより5月にフランス視察で現地ワイナリーを訪問した生産者をご紹介していきます。
まずは2016年以来3年ぶりの訪問となったボルドーのシャトー デュ オー マレです。

非常に規模が小さいマイクロシャトーでありながら素晴らしいワインを造るシャトー デュ オー マレの現地からの最新情報をお伝えいたします。

<ワイナリーについて>
シャトー デュ オー マレは1996年にボルドーのグラーヴに土地を購入しワイン造りを始めた比較的新しい生産者です。現在の葡萄栽培が可能な畑の面積は僅かに4.5ha。

長年続いた先祖代々のワイナリーではありませんが、彼らが一から作り上げた「家族のワイナリー」です。家族全員で畑を管理し葡萄を育てワインを造っています。新しいワイナリーではありますがその素晴らしい品質がフランスをはじめ世界に広まっています。
ワイナリーの中心人物はジェローム(兄)とジュリアン(弟)の兄弟。弟ジュリアンはサンテミリオン 第1特別級Aのシャトー パヴィで醸造チーフとして働いていますがパヴィで働くよりも、オー マレの方がより魅力的だと話してくれます。

<ワイン造りについて>
シャトー デュ オーマレは非常に丁寧なワイン造りを行っています。
この3年で小さいステンレスタンクを増やし、品種、区画ごとに仕込むようにしました。以前よりも、さらに細かく使い分けることで、ブレンド時に個性を表現することが目的です。
ワインの熟成期間は、白ワインは6~8ヶ月樽熟成。赤ワインは最低22ヶ月樽熟成。ワインを長期熟成させるには樽を使うことが理想的で、品質が高く長期熟成出来るワインを造るために手間を惜しまず伝統的な方法を取っています。

<最新のヴィンテージ情報>
2018年:素晴らしいワインが造ることができました。生産量は例年より少ないながら可能性を感じるヴィンテージとなりました。
2019年:4月と5月に霜の害で生産量の30%を失ってしまいました。3年連続で霜の被害を受けてしまったため、今後、被害を食い止める効果が高いものを購入し対応する予定です。生産量は減ってしまいましたが、現在葡萄の成長は順調に進んでいるためワインのできが楽しみです。


<垂直試飲が楽しめる!!>
現在弊社ではシャトー デュ オー マレのワインをヴィンテージ別に複数取り扱っています。
シャトー デュ オー マレのワインですぐにでも垂直試飲飲みを楽しむことができます。各ワインを飲み比べてお気に入りのヴィンテージを探してみてください。

2015 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FC215)
素晴らしくワインが造れたグレートヴィンテージ。果実味、タンニンどちらもパワフル。濃く、力強い味わい。長期熟成のポテンシャルがあるためセラーで熟成させることもおすすめです。

2014 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FC113)
他のヴィンテージより暑い年で味わいに集約があります。果実味とスパイシーな要素がしっかりと出ています。

2013 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FC112)
柔らかな口当たりでまさに今が飲み頃。バランスがとても良いヴィンテージです。2013VTは一般的なボルドーワインはいいヴィンテージではないとの評価ですが、それを全く感じさせない品質。生産者曰く「手間は掛かったが良いワインができた」とのこと。シャトー デュ オーマレのワイン造りの良さを体感できる1本です。

2012 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FC015)
どしっとした骨格、肉厚で濃厚な果実味を持っています。例年よりもパワフルな仕上がり。
個人的には2012年がおすすめのヴィンテージです。

2011 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FC014)
果実味とミネラルがしっかりと感じられる。タンニンがとても綺麗で洗練された味わいです。

2008 シャトー デュ オー マレ ルージュ(商品コード:FB469)
既に11年も熟成しタンニンが滑らかで非常に素晴らしい状態のワインです。まさにグランヴァンに匹敵するワインです。※現在品切れ中。11月中旬に再入荷予定。

シャトー デュ オー マレのワイン一覧はこちら>>>


今年の年末にはシャトー デュ オー マレ初となるグランヴァンワインChâteau du Haut-Maray Rouge Confidenceが日本にリリースとなります。“Confidence”は極秘という意味で、ジェローム、ジュリアンの二人、そしてシャトー デュ オー マレの秘めたる思いを込めたワイン。
良い出来の年に各区画から最も良い葡萄をセレクションして造ります。生産本数が1500本と非常に貴重なワイン。日本にも限られた本数で入荷予定です。まさにグランヴァン言える素晴らしい品質のワインです。リリースをお楽しみに!


今回訪問して率直にどのワインも品質の高さが素晴らしいと感じ、さらにこれからますます成長していくと感じました。訪問前にシャトー オーマレはブティックワイナリーでとても小規模ワイナリーと聞いていましたが、実際にその場を見ると驚くほどの規模の小ささでした。これ見てしまうとワイン1本の貴重さをよりはっきりと感じることができました。
この家族たちが造り上げる素晴らしいワインを日本の皆様にご紹介できることを非常に嬉しく思います。是非この貴重なワインを飲んで頂けたらと思います。
家族で素晴らしいワインを造り続けるシャトー デュ オー マレのワインにご注目ください!

営業2課 齋 光太郎

2019年8月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TOPへ戻る