ワインブログ ―wine blog―

ナルス マルグライド(イタリア・アルト アディジェ)から2015年ヴィンテージ情報が届きました。



2015年はたっぷりの日照と暖かい気候のおかげで素晴らしい品質となりました。

ワインのシーズンは我々の栽培農家達が葡萄樹の選定を始める冬からスタートします。2014年から2015年にかけての冬は比較的おだやか気候でした。

3月初旬、おだやかな春が訪れ、自然界は早くも目覚め始めた。樹液は葡萄の木を流動し始め、 3月30日に最初の展葉が始まりました。5月に入るまではずっと暖かく乾燥した気候が続きました。雨を伴う冷たい天気の日々があった後、夏は気温30℃を超える暑さを記録しました。

葡萄の生育はおだやかな天気の下で順調に進みました。7月初旬に初期の枝の木質化が始まり、葡萄の成熟期間が長くなったことで、素晴らしい品質のアロマティックな葡萄になることが約束されました。

秋の間も暖かく晴れた日が続いたため、スピーディに収穫を行うことが出来きました。並外れた品質の葡萄を得るのに、2、3回の収穫だけで済みました。

9月1日からピノ グリージョ、ソーヴィニヨン、シャルドネの収穫がスタートし、その後、9月後半までスキーアヴァ、ピノ ノワール、ラグレインの収穫を行いました。

10月中旬までに最も標高の高いシルミアンのピノ ビアンコ、そしてマルグライドのメルロ、カベルネの収穫が終了しました。

2015年は、けた外れのヴィンテージになることが約束されています。白はきれいな澱とともに樽に寝かされていますが、塩味、力強さ、そして自然の甘さとともに重厚さそしてエレガンスが感じられます。樽熟成させている赤は、すでにしっかりと複雑なアロマがあり、驚くほどの深み、厚みがあります。

2017年2月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

TOPへ戻る