ワインブログ ―wine blog―

アルノー シェ(フランス・コルビエール)から2016年ヴィンテージ情報が届きました。



2016年は、秋から冬にかけて非常に雨が少なかったため、春先の土壌の水分量は極めて少ない状態でした。幸いにも春に少し雨が降ったおかげで、葡萄は順調に生育することが出来ました。

夏は雨が降らず乾燥しており、風も強かったですが、葡萄は乾燥に耐えうまく適応しました。

夏の間は、非常に乾燥していたが、土壌が粘土石灰質のため、葡萄の木は地中から水分を得ることが出来ました。2016年は特にテロワールの強さを思い知ることになりました。夏はずっと長い間、雨が降りませんでしたが、それぞれの区画は水分不足に耐えることが出来ました。葡萄の実は順調に熟し、おおよそ通常どおりの成長となりました。

9月初旬に雷雨があったおかげで、2016年は高い品質とフレイバーに満ちたワインになりました。収穫量が減少するのではないかという心配は、9月の雨のおかげで無くなりました。品質、数量の両方の点において、私達は救われました。

完熟した時点で収穫された葡萄は、色、アロマとフェノール類の成熟、バランスのとれたアルコールとタンニン、すべての可能性が揃っていました。
「ワインメーカーとして、このヴィンテージを造れたことは私の喜びです。」

コルビエールの高地に位置するトレヴィアックでは、水分不足にも完全に耐えることが出来ました。影響としては4%の減少のみです。

2016年は2015年によく似ていますが、2015年よりも早飲みのヴィンテージになりそうです。

2017年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

TOPへ戻る