ワインブログ ―wine blog―

若き醸造家が目指す真のハイコスパワイン/ジャック ジラルダン(営業2課 足立雅子)

あっという間に視察の旅も後半に入りました。今回はブルゴーニュ地方サントネ村より若き職人ジャック ジラルダンをご紹介いたします。
前半のコート デュ ローヌでは連日初夏のような晴天続きでしたが、コート デュ ローヌからブルゴーニュへ北上してくると天候は一転、どんよりと分厚い雲に覆われた、いかにも不安定な気候へと変化していきました。車を降りると、ローヌでは感じなかった、ひんやりと張り詰めた空気に身も引き締まります。きっとワインもこの空気のおかげで、引き締まった骨格のある味わいになっているのだろうな…と一人想像を膨らませていると、さっそくジャスティンさんとお母様が出迎えてくださいました。



すこし照れくさそうな笑顔で我々を出迎えて下さったのもつかの間、「さっそくテイスティングしましょう!」とセラーへ移動し、最新のヴィンテージのテイスティングが始まりました。ヴィンテージの状況や、それぞれのワインについて丁寧な説明が始まると、最初に出迎えてくれた際の照れくさそうなジャスティンさんの顔は消え、しっかりと自信に満ち溢れた職人の顔へと変化していたのが強烈に印象に残っています。昨今の天候不順により、ブルゴーニュ全体の収穫減が心配されていましたが、幸いにもサントネ村には大きな影響は出でおらず、質も量も良いとの報告を受け、スタッフ一同安堵しました。
一通り2016ヴィンテージをテイスティングをさせていただきましたが、どのワインも酸がしっかりとしていてフレッシュでクリーンな味わい。みずみずしい果実味が非常にエレガントな印象を受けました。ジャスティンさん曰く、「2016ヴィンテージは典型的なブルゴーニュらしさを楽しめるヴィンテージ。」とのことです。リリースはもちろんのこと、熟成したらどんな味わいに変化していくのか今から楽しみですね。


続けて、2015ヴィンテージをテイスティングさせていただけるとのことで、セラー横のご自宅へお邪魔しました。

さっそくテイスティングに移ろうと準備を進めていたところに、何やら良い匂いが…。ジャスティンさんのお母様がお手製のパンを振る舞ってくださいました。チーズとハムの入った優しい味わいのパン。シンプルな素材のおいしさを感じる味わいは、ジャスティンさんの造る果実味のピュアなワインとの相性が抜群であったことは言うまでもありません。


様々なお話を伺っていく中で、「近年ブルゴーニュワインの価格が上昇していることについてとても心配している。」と深刻そうな表情で切り出すジャスティンさん。
単純に考えれば、造り手としては自身の作品が高値で販売された方がうれしいのでは?と思ってしまいますが、ジャスティンさんはそう考えていなかったのです。良い商品を魅力的な価格帯で販売したいと考えており、現在ではネゴシアンに売る量を減らし村名ワインであってもなるべく自身で仕込むようにしていると教えてくれました。
また、逆にACブルゴーニュ ルージュとブルゴーニュ ブランは3年前までは自家畑の葡萄でまかなえていたのですが、世界中からオーダーが殺到し現在では買い葡萄を購入しないと間に合わないほどの人気になっているそうです。そのため、2016年には生産本数を多くする目的で買い葡萄を増やす予定でいたのですが、納得のいく品質の葡萄が見つけられなかったため、結局例年と同じ量の生産にとどまったそう。いかなる状況であっても、量より質を重視しているジャスティンさんらしいこだわりが垣間見れたエピソードでした。


今回はそんなジャスティンさんの高いコストパフォーマンスを体感していただける、おすすめのワインをご紹介したいと思います。
☆Santenay Blanc Les Terrasses de Bievaux (FB815)
ストレートでシャープなミネラルがコンセプト。こうしたストレートな果実味のうま味を理想とするブルゴーニュの生産者も多いという、まさにお手本のようなワイン。
☆Santenay Rouge 1er Cru Maladiere (FB547)
甘い果実のアタック、厚みと骨格が印象的。口に含んだ瞬間にじゅわっと広がるピノノワールの果実味が感動的な一本。
今回テイスティングさせていただいたワインはどれも素晴らしく、ジャスティンさんのピュアでまっすぐな人柄を感じられる味わいでした。個人的には、自分とあまり変わらない年齢のジャスティンさんが、すでに“ジャック ジラルダンらしさ”という確固たるポリシーを持ち、ワインづくりを通して自己表現している姿にとても刺激を受けた訪問となりました。
価格が高騰しているブルゴーニュでも、彼のように品質とコスパの高さを意識している若い生産者の存在はまさに当社の経営理念と合致している造り手の一人だと強く感じました。
是非こだわりの“ハイコスパ ブルゴーニュ”をこの機会にお試しください。

営業2課 足立 雅子

2018年1月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TOPへ戻る