ワインブログ ―wine blog―

ルイジ リゲッティ来日セミナー①

2018年6月イタリア ヴェネトより、ルイジ リゲッティのオーナーであり醸造家の、ジャンマリア リゲッティ氏を招き、ミニセミナーを実施致しました。
セミナーでは、ルイジ リゲッティのワイン造りの哲学を詳しく紹介いただきました。ヴァルポリチェッラに1世紀以上続くワイナリーの歴史から、繊細さが必要とされるアマローネ造りの難しさまで、ジャンマリア リゲッティ氏のワイン造りに対する情熱を語っていただきました。その内容をお伝えいたします。
※3ページ目には新商品のご案内もあります!


皆様こんにちは。私はジャンマリア リゲッティと申します。「ルイジ リゲッティ」は家族経営のワイナリーで私が4代目、ワインメーカーを務めています。稲葉とは20年以上のお付き合いがありますが、実は今回が私にとって初めての来日です。
私は病院ではなく、セラーのある自宅で生まれました。私は幼い頃から父の後について、畑やセラーでワイン造りの仕事を見てきました。私は現在58歳ですが、これまでに50回の収穫を経験しています。

「ルイジ リゲッティ」は家族経営のワイナリーとしては規模が大きいほうになります。写真に写っているのが私の父、ルイジ リゲッティで現在95歳です。高齢ですが、今でもワイン造りの上で相談に乗ってくれます。この写真で父が手にしているのは1961年産のアマローネです。ワインは地元のレストランなどに売っていました。この頃はまだアマローネはDOCGどころかDOCにもなっていない時代で、ラベルは1本、1本、手書きで書いていました。
隣の写真の左側に写っているのが私の兄ジュゼッペ、真ん中が父ルイジ、そして右側が私です。現在は、私と兄を中心に、家族で協力しながらワイン造りを行っております。

1世紀以上続くルイジ リゲッティ
ルイジ リゲッティは1909年にヴェネト州のヴェローナの近郊、ヴァルポリチェッラに設立されました。約100年の歴史を持っておりますが、当初から品質を第一に重視したワイン造りに力を入れてきました。


ヴァルポリチェッラ クラッシコのエリア
ヴェネト州はイタリアの北東部に位置しています。そしてヴァルポリチェッラはヴェローナの近郊にあります。私たちの畑は、ヴァルポリチェッラの生産地域の中でも、2,000年以上前からワイン造りが行われていた伝統的なエリア、ヴァルポリチェッラ クラッシコ(濃い赤の地域)にあります。ヴァルポリチェッラ クラッシコには3つの渓谷、フマーネ、ネグラール、マラーノがありますが、ワイナリーはマラーノに位置しています。


続きはこちらから



2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

TOPへ戻る