ワインブログ ―wine blog―

カステロ デ メディナ 来日セミナー③

●ベルデホはルエダの土着品種
ベルデホは11世紀ごろからルエダでずっと栽培されてきました。ベルデホは、寒い冬、暑い夏、そして乾燥によく耐える品種で、まさにルエダの気候がそれに当たり、ベルデホの栽培に非常に適しています。
ルエダでは長いことベルデホでワインが造られてきましたが、70年代から80年代にかけてワイン造りのスタイルが大きく変化しました。70年代までは、シェリーと同じように酸化熟成させた「ドラド(Dorado)」と呼ばれる酒精強化ワインが造られていました。大きなガラスの容器にワインをいれ、日光にさらして酸化させるという方法で造られていました。しかし、70年代以降は、現在造られているようなフレッシュでフルーティな辛口白ワインの生産が主体となりました。
ベルデホは、日中の高い気温のおかげで糖度が上がり、アルコール、ボディをワインにもたらします。また夜の低い気温は酸度をキープします。我々は、収穫の際には、糖度と酸度のバランスを分析し、双方が最も良いバランスになった時に収穫を行っています。
ベルデホのワインの特徴ですが、外観はグリーンがかった麦わら色をしています。アロマには柑橘系の果実、そして青りんご、さらに刈ったばかりの青草のニュアンスが感じられます。そして味わいの中にも香りと同じ要素が広がります。中程度から高めの酸があり、後味には心地よい苦みが広がるのが特徴です。


世界No.1のベルデホ
カステロ デ メディナ ベルデホ(商品CD:S164)
<マリアーノのコメント>
ベルデホ100%。味わいがしっかりとしています。2016VTは、5つの金賞、1つの銀賞、スペインのBEST白ワインに選出されています。つまり、ひとつのコンクールだけでなく、より客観的な視点で高い評価を獲得していることが分かります。そして何よりもWAWWJ(国際ワイン&スピリッツ ライター&ジャーナリスト協会)で「世界のベスト ベルデホ」に過去3回も選ばれています。複数年で最高評価を得ているということは、このワインの品質が一過性のものでないことを示しています。WAWWJは世界の80の主要なワインコンクールの結果をもとにポイントを付加し、1年間で個々のワインが受賞した賞のポイントを集計して、ランキングを出しています。ベルデホについては、上位25位はすべてルエダで産するベルデホがランクインしていることからも、ルエダの優位性が見てとれます。近年、ルエダのベルデホの成功を受け、スペインのルエダ以外の産地、またスペイン以外の国々でもベルデホが栽培されているが、最高品質のベルデホは、やはりルエダ産のものです。


世界No.1のソーヴィニヨン ブラン
カステロ デ メディナ ソーヴィニヨン ブラン(商品CD:S179)
<マリアーノのコメント>
S179 カステロ デ メディナ ソーヴィニヨン ブラン 
ソーヴィニヨン ブランもベルデホと同じようにフレッシュでフルーティなスタイルですが、味わいに違いがあります。ソーヴィニヨン ブランはもっとトロピカルフルーツの要素、パイナップル、マンゴー、パッションフルーツのフレイバーが感じられます。
のワインもWAWWJで「世界のベスト ソーヴィニヨン ブラン」に選ばれています。ソーヴィニヨン ブランはベルデホと違い、フランスやニュージーランドをはじめ、世界各国で沢山のワインが造られています。その中でこのランキングの評価を獲得したことはたいへん重要な意味を持ちます。


ご清聴ありがとうございました。

カステロ デ メディナの生産者ページはこちら
カステロ デ メディナの商品一覧はこちら

2019年3月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

TOPへ戻る