ワインブログ ―wine blog―

モーゼル中流の銘醸畑を所有。低温で長い発酵期間が長期熟成できるワインの決め手ケース キーレン (営業1課 出沼 陽一)

<ワイングートについて>
1648年の設立から370年に渡り、グラーハ村にて家族経営でワイン造りを行う生産者です。現在は、12代目で兄のエルンスト-ヨーゼフ ケースさん(Ernst-Josef Kees 写真左、醸造、販売担当)と弟のヴェルナー ケースさん(Werner Kees 写真右、栽培担当)の兄弟が30年にわたり、ワイン造りを行っています。生産するワイン全体の60%が辛口、20%がオフドライ(ハルプトロッケン、ファインヘルプ)、20%が甘口です。エルンスト-ヨーゼフさんの息子ニクラウスさん(写真中央)は将来、13代目を継ぐために、現在ラインガウのガイゼンハイム大学で醸造学、栽培の勉強中。当社が訪問すると聞き、この日ガイゼンハイムからわざわざ戻ってきてくださいました。
グラ―ハー ドームプロブスト、グラ―ハー ヒンメルライヒ、エルデナー トレップヒェン等のモーゼル中流域の著名畑をはじめ、ケステナー パウリンスホフベルグ、キンハマー ローゼンベルグにも畑を所有しています。畑は急斜面にあるため、多く畑仕事は手作業で行います。

<グラーハー ドームプロブスト>
グリマシーファー(Glimmer schiefer・雲母片岩)と呼ばれる細かく砕かれたスレート(灰色粘板岩と青色粘板岩)を含む土壌で、大変水はけがよいのが特徴です。傾斜がきつく、最もきついところで70%以上の斜度があります。
グリマシーファーは貝殻の含まれた土壌で、すごく小さなプランクトンの化石含まれている、ということで見せてくださいました。

<グラーハー ヒンメルライヒ>
土壌はドームプロブストと似ており、グリマシーファーです。ここも斜度70%に近い傾斜があります。ドームプロブストとヒンメルライヒの一般的な特徴について、下記のように教えてくださいました。

・ドームプロブスト…地中の保水性が低いため、力強さを持ちつつも、エレガントで洗練されたフレイバーを持つ。

・ヒンメルライヒ…葡萄が熟すのに時間がかかるが、パワフルで、長期熟成の可能性を持ったワインが出来る。


この日は天気もよく、畑からはモーゼル川沿いに連なる銘醸畑の数々を眺めることができました。日当たりがとてもよい畑なので、3月ですがサングラスが必要なくらい、日差しが強かったことを覚えています。


セラー内の温度が変わってしまうため、普段は見せていただけないとのことでしたが、今回特別に見学させていただきました。1828年にできたケース家でも最も古いセラーです。セラーの温度は、冬は6-10度、夏は14度で保たれています。


セラー内に並ぶステンレスタンク。このような昔のセラーは天井が低く、天井を削ってセラーに入れ設置したそうです。また、セラー内には冷水や温水を流れるパイプがめぐらされており、温度調節ができるようになっています。


【醸造について:低温による長期間の発酵】
ケース キーレンのワイン造りの特徴として、長い発酵期間が挙げられます。ヴィンテージやワインによって異なりますが、なんとその期間は80日から120日間もおよび、低温でゆっくりと長い期間、発酵させることでワインがゆっくりと成熟し、長期熟成の可能性を持ったワインになるとのことです。これだけの長期発酵を続けるためのコツはどういった点か?と尋ねると、
「低温でゆっくりと発酵することもそうだが、もし途中で発酵に問題があった場合は、セラー内は違和感のある香り漂う。発酵が順調に進んでいればセラー内は心地よい香りしかしないんだよ。」とエルンスト-ヨーゼフさんが答えてくれました。
確かにケース キーレンのセラーは古い造りではあるものの、清潔で手入れも行き届いて、ワインの素晴らしい香りが漂っており、とても心地よい空間でした。
そんな神業のような長期発酵を可能にする彼らの手腕が光るワイン。
その中で、まず試していただきたいのがこちら。

○リースリング ホッホゲヴェクス ク―ベーア― トロッケン(品番:KA-574)
キンハイマー ローゼンベルクの葡萄を使用しています。発酵、熟成もステンレスタンクで6ヶ月行います。柑橘系の果実のアロマ、生き生きとして綺麗な酸がありとてもフレッシュです。長い余韻が感じられます。ケース キーレンの辛口ワインのスタンダード。

○グラーハー ドームプロブスト カビネット トロッケン(品番:KA-575)
モーゼルの銘醸畑ドームプロブストから、バランスの良い辛口ワイン。発酵、熟成もステンレスタンクで8ヶ月行います。

○グラーハ― ヒンメルライヒ シュペートレーゼ(品番:KA-580) 
シュペートレーゼに使用する葡萄樹はカビネットよりも樹齢が古く、平均樹齢40年の樹から葡萄で造ります。シュペートレーゼらしい集約感だけでなく、質の高い上質な酸があります。

どのクラスも爽やかで繊細なリースリングの特徴が良く表れています。いずれも、これからの季節にぴったりなワインです!彼らが手掛けるモーゼル グラーハ村のグラーハ― ヒンメルライヒやドームプロブストは大変長寿なワインとして知られており、また同時に、モーゼルを代表する銘醸ワインとして古くからその名を知られています。そんな銘醸畑のワインを比較的お手頃な価格でご紹介できるもの、ケース キーレンの魅力のひとつだと思います。

ドイツワインには並々ならぬ思いを持つ弊社が新しく取り扱いを始める生産者。ぜひとも一度お試しいただいて、その品質の高さをお確かめください。


その他、ケース キーレンのワインはこちら>>>
ケース キーレンの生産者ページはこちら>>>


営業1課 出沼 陽一

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

TOPへ戻る