ワインブログ ―wine blog―

モーゼルの銘醸畑の数々を所有する注目生産者!ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー。 (営業1課 出沼 陽一)

ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアー(トリアー司教の管轄権のワイン醸造所)は、1966年に1世紀以上も続く3つの醸造所が合わさって設立されました。
3つの醸造所とは、以下の通りです。
・ビショフリッヒェス・コンヴィクト醸造所(Bischöfliches Konvikt:1840年設立)
・ビシェッフリッヒェス・プリスターゼミナール醸造所(Bischöfliches Priesterseminar:1773年設立)
・ホーエ・ドムキルヒェ醸造所(Hohe Domkirche:1851年設立)

(写真)ディレクターを務める、カーステン ウェイアンド (Karsten Wayand)氏

さらに、2004年には30haの畑を所有するフリードリヒ ヴィルヘルム ギムナジウム醸造所(Friedrich-Wilhelm-Gymnasium)が加わりました。これらの醸造所はモーゼル川、ザール川、ルーヴァー川に沿いに広がるいくつもの銘醸畑を所有しており、所有面積は全部で約130haにおよびます。栽培する葡萄品種は90%がリースリングです。
下記は所有する畑の一例です。

モーゼル(Mosel)
・トリッテンハイマー アポテーケ Trittenheimer Apotheke(6.5ha) 
・ドローナー ホフベルガー Dhroner Hofberger(4.2ha)
・エルデナー トレプヒェン(1.3ha)
・ピースポーター ゴールドトロップヒェン(1.3ha)
・ユルツィガー ヴュルツガルテン(1.1ha)

ザール(Saar)
・シャルツホフベルガー Scharzhofberger(6.3ha)
・カンツェマー アルテンベルク Kanzemer Altenberg(5.9ha)
・アイラー クップ Ayler Kupp(10.2ha) 

ルーヴァー(Ruwer)
・カーゼラー ニッシェン Kaseler Nies’chen(3.1ha)

今年3月の現地訪問では、彼らが手掛ける銘醸ワインの数々を試すことができました。

まず初めに紹介いただいたのが、彼らが所有するすべての畑の葡萄を使って造られる「DOM」シリーズです。DOMリースリングはQbAクラスのワインで、Domとはドイツ語で大聖堂を意味します。DOMはアメリカ、カナダ、イギリス、中国等へ輸出、成功しているラインで、モーゼル全域の様々な区画のブドウを使い、20万本生産しています。

まるで当社で扱うヴァンサン ジラルダンのブルゴーニュ ルージュ サンヴァンサン(FA577)
のように、エントリーレベルのワインでも素晴らしい品質のリースリングQbAといえるではないでしょうか?

ドム リースリング クーベーアー ファインヘルプ (品番:KA-596)
様々な食事との相性にピッタリ。親しみやすいファインヘルプです。


そしてドイツワインに少しでも関心のある方はこの名を聞いたことがあると思います。モーゼル川の上流域、ザールエリアの銘醸畑「シャツルホーフベルガー」。

数あるモーゼルの銘醸畑の中でも最も有名で、最も国際的に評価される単一畑です。そこから造られるワインにはエレガンスと広大に広がるアロマがあります。

実は、ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアーは、シャルツホフベルガーにおいて、あのエゴン ミュラーに次いで所有面積を誇る生産者です。畑は、南向きの斜面で、土壌は灰色粘板岩です。葡萄は手摘みで収穫され、収穫時に注意深く選別します。


シャルツホーフベルガー カビネット(品番:KA-598) 
発酵は1,000Lのフーダー樽で行います。収穫の翌年の春にボトリングを行うまでの数ヶ月間、澱とともに寝かせます。このカビネットは、香りから味わいまですべての側面で素晴らしいです。香りにはライム、はちみつ、白い花の要素。口に含むと、凝縮感がありながら口の中で変化が楽しめる構成をしています。


シャルツホーフベルガー シュペートレーゼ (品番:KA-599)
シュペートレーゼは1,000Lのフーダー樽で発酵を行います。収穫の翌年の春にボトリングを行うまでの数ヶ月間、澱とともに寝かせます。香りからは熟した果実の複雑なアロマが感じられます。口に含むと、口内で変化が楽しめ、余韻はいつまでも続きます。

そしてなんと今回バックヴィンテージまで入手することが来出ました!

シャルツホーフベルガー アウスレーゼ 2003 (品番:KA-600) 
アウスレーゼは、発酵を1,000Lのフーダー樽とステンレスタンクで行い、その後ブレンドすることで複雑さを生みだします。ボトリングを行うまでの数ヶ月間、澱とともに寝かせます。このアウスレーゼは良いワインにしか付けられることのないゴールドカプセル(金色のキャップシール)をつけています。香りには熟したグレープフルーツ、オレンジやライムなど柑橘系の果実のニュアンス、ピュアなフーダー樽の要素、凝縮したミネラルを感じます。


このほかにもたくさんの銘醸ワインを手掛ける彼らは、モーゼルでは珍しい大きな規模の生産者といえますが、古くから続くワイン造りのノウハウを活かし、品質の高いワインを造り上げています。

今回の訪問で彼らのワインを試す中で、味わいは伝統的なリースリングの甘口のスタイルを継承しつつも親しみやすく、ドイツワインの魅力をお仕えするのに十分な造り手であると感じました。

先にご紹介したDOMはカジュアルなラインナップとして、ドイツワイン入門としてお勧めできますし、シャルツホフベルガーをはじめとする銘醸ワインはまさにドイツワインファンの垂涎の1本ではないでしょうか?

ぜひ、一度ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアーのワインをお楽しみください。

ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアーのワイン一覧はこちら>>>
ビショフリッヒェ ヴァインギューター トリアーの生産者ページはこちら>>>


営業1課 出沼 陽一

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

TOPへ戻る