ワインブログ ―wine blog―

小江戸 川越に根付くアットホームなイタリアン「Osteria Sato(オステリアサトウ)」(営業一課 藤田進也)

皆さん、こんにちは。東京支店の藤田です。
今回のレストラン紹介では、私も大ファンのオステリア サトウ様をご紹介いたします。

都心からのアクセスも良く、近年、観光地でも人気の高い埼玉県川越市。かつて江戸時代の城下町として栄えた川越市は「小江戸(こえど)」と呼ばれ、蔵造りと呼ばれる古い土蔵や商家が立ち並ぶ町並みで知られています。
オステリア サトウ様は川越市の中心である川越駅と本川越駅を結ぶ商店街「クレアモール」のほぼ中心にある公園「クレアパーク」のすぐ隣にあります。25席ある店内は広々としていて、ウッドベースでとても落ち着く雰囲気。大変居心地が良く、ついつい長居しがちです。

オーナーシェフである佐藤様は、ご出身は県外ですが、川越にご縁があったそうで、数年の修行を経てこの場所にお店を開かれました。2016年10月オープンながら既に地元の方を中心にファンは多く、私もランチやディナーに何度か伺いましたが、連日賑わっています。

<川越の食通に話題のランチ!>
ランチでは、佐藤シェフが一品一品丹精に作られた前菜の盛り合わせとパスタがいただけます。ボリュームがありながらも、素材ひとつひとつの味わいが見事に活かされたお料理は重たくなく、特に野菜の優しい旨みが味わえますので、女性でもペロリと食べられます。


<ワインが進む見事なディナーメニュー>
ディナーでは、食べたいものが多すぎてオーダーを選ぶのが大変!
とある日に訪問した際には「大山鶏とじゃが芋の香草ロースト」「4種のチーズのピッツァ」をいただきました。鶏のローストは、ジューシーな鶏もも肉にハーブやスパイスが効いていて絶品。赤ワイン(この日はアリアーニコ デル ヴルトゥーレ ピポリをオーダー)がとても進みました。
その他、佐藤シェフが厳選した食材で作る魚料理や、仔羊肩肉のグリルもおすすめ。どのお料理もワインが進みそうです。

ワインリストは充実の約30種類が掲載。グラスワインも豊富なので、お一人様でも色々楽しめるのが嬉しいです。もちろん当社のワインも多数オンリストされています。イタリアの様々な州のワインがバランスよく載っており、佐藤シェフのお料理とも相性抜群です。佐藤シェフは味にとても厳しい方なので提案も大変ですが、選んでいただいたワインは流石!のチョイスです。

最近ではお店の人気に拍車が掛かり、ランチも予約しないと入れない可能性がありますので要注意。電話してから出掛けられた方が安心です。
川越市にお住まいの方はもちろん、市外の方でも川越にお越しの際には、ぜひオステリア サトウ様で美味しい料理とワインで素敵な一時をお過ごしください。

営業1課 藤田 進也


Osteria Sato(オステリア サトウ)

<instagram>
https://www.instagram.com/osteria_sato/
<youtube>
youtu.be/UfV9Wudbk64
<電話番号>
049-299-5788
<住所>
埼玉県川越市脇田町10-9クレアパークエノモト2F
<アクセス>
川越駅より徒歩6分
<営業時間>
ランチ 11:30〜15:00 (LO 14:00)
ディナー 17:30〜22:30 (LO21:30)
日曜営業
<定休日>
月曜定休(祝日の場合は翌日)

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

TOPへ戻る