ワインブログ ―wine blog―

豊富なバックヴィンテージとコストパフォーマンス抜群のワイン “シャトー フルール オー ゴーサン” (営業2課 齋 光太朗)

今回ご紹介は今年のフランス視察で初訪問となったシャトー フルール オー ゴーサンです。
シャトー フルール オー ゴーサンはボルドーの中心地から約40kmほど北東のボルドー シュペリュールのVerac(ヴェラック)に拠点を置く生産者です。

●歴史
1941年に現在のオーナーのエルヴェ リュイエさんの父方の祖父によりシャトーが設立されました。その後1976年にエルヴェの両親(父母)が引き継ぎ、栽培面積8haからワイン造りをスタートさせましたが、全てバルクでの販売していました。
1996年に現当主のエルヴェがシャトーを引き継ぐと大きな改革に着手しました。質の高い畑を探し徐々に拡大していき、1999年に畑は26haまで拡大しました。温度コントロール可能なステンレスタンクや最新の機材に設備投資をし、マーケティング面ではラベルを刷新して現在のラベルに変更しました。その後もオフィスや倉庫を一新したりとエルヴェさんが引き継いでから約20年をかけて様々な改革を行い、現在のシャトーとなりました。

●エルヴェ リュイエさん
今回オーナーであるエルヴェ リュイエさんにはじめてお会いしました。とても背が高くスラっとした方で、後述しますが最新の設備を導入し品質を追求したストイックなワイン造りをしているワイナリーのためオーナーであるエルヴェさんは厳しい方なのかと思いましたが、葡萄畑での説明中に突然どこかへ行ったかと思うと満面の笑みで葡萄の葉っぱを持って戻ってきた姿はとても印象的でした。
畑で不必要な葉っぱや枝を手際よく取る姿は、煌びやかなボルドーのシャトーの生産者のイメージよりも畑に出向いて葡萄や畑に向き合っている農夫の方というイメージも持つことができました。


●畑について
土地全体で70ha(葡萄栽培が可能エリアは40ha)、栽培可能な40haは27の区画に分かれています。栽培品種は主にメルロ、カベルネ フラン、カベルネ ソーヴィニヨン、マルベックです。加えて、2018年にソーヴィニヨン ブラン植樹しました。全ての畑は粘土石灰質土壌で全ての葡萄は斜面に植えています。南向きの斜面に植えてあるため日光を十分に受けることができ葡萄の生育にとても良い環境となっています。葡萄の平均樹齢は30年、古いものでは樹齢50年の葡萄樹もあります。


●最新の設備を使用したワイン造り
良い状態になった葡萄を得るために、シャトー フルール オー ゴーサンでは葡萄を機械で収穫しています(単一品種で造るワインは手摘み)。
葡萄の収穫は手摘みの方が良いのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、シャトー フルール オー ゴーサンでは最新の選別機能付きの収穫機を使用し葡萄に傷が付かないようにし、さらに素早い収穫を行っています。さらに収穫後、最新の選別機も使用し徹底的に選別し不要な葉や枝を除いていきます。この選別機はとても性能が良いものでボルドーでも数軒しか所有していない機械です。


ワイン醸造では赤ワインを通常ならば28度で発酵させるところ、22度ほどで行います。綺麗な果実味を得るために低い温度にて発酵を行います。その後、通常よりも長い10日間のアルコール発酵を行い、アルコール発酵後、27度に温度を上げてワインにボリュームとボディを与えます。
フリーランジュースを取り出した後、残った果皮は特別な水平型バスケットプレス機(グランヴァンのシャトーが使用する一級品)でプレスジュースを取り出します。決して種が潰れることなくゆっくり(12hlを20分かけて行う)と柔らかいプレスを行うことで、クリーンなジュースを得ることができます。
アルコール発酵後マロラクティック発酵を行い、各キュヴェを区画ごとにステンレスタンクによって仕込みます。


●コストパフォーマンス抜群のバックヴィンテージワイン
最新の設備を導入し厳しく品質を追求しているシャトー フルール オー ゴーサンですが、当社には飲み頃を迎えているバックヴィンテージのワインをご用意しています。

★パワフルというよりも洗練された味わい
・2012 シャトー フルール オー ゴーサン(商品CD:FC191)

★しっかりとしたアタックで骨格も十分です
・2011 シャトー フルール オー ゴーサン(商品CD:FC190)

★2009VTがあまりにも素晴らしかったために造った特別キュヴェ
・2009 テール シャトー フルール オー ゴーサン(商品CD:FC189)

★10年以上の熟成を経てとても良い状態となっています
・2008 シャトー フルール オー ゴーサン(商品CD:FC251)
この価格帯のボルドーワインで品質の良いワインを見つけることはなかなか難しいですが、シャトー フルール オー ゴーサンのワインはどれも品質が素晴らしくコストパフォーマンスが抜群です。

●ボルドーなのに単一品種でのワインを造り
シャトー フルール オー ゴーサンには上記でご紹介したバックヴィンテージのワインの他にボルドーでは珍しい単一品種(モノセパージュ)で造るプレミアム キュヴェも造っています。

・マルベック ラ ヴィミニエール(商品CD:FC192)
マルベック単一品種で造るワイン。黒い果実味の中にペッパーも様なスパイシーさを感じます。

・カベルネ フラン ラ ベルジュロネット(商品CD:FC193)
カベルネ フラン単一品種で造るワイン。果実味をしっかり感じ、その中にカベルネ フラン特有のフレッシュな風味を感じることができます。

どちらのワインも入荷本数が限られるプレミアムキュヴェとなります。ブレンドして造るワインと単一品種から造るワインを飲み比べして頂くのも面白いかと思います。

最新の選別機や水平プレス機など設備投資をしっかり行い、有名シャトーを思わせるワイン造りには非常に驚きでした。熟成したワインはどれも手ごろな価格でありながら素晴らしい品質のワインとなっています。
一切妥協のないワイン造りをしていますが人柄は無邪気で温かみのあるエルヴェさんが造るワインを皆様も是非お楽しみください。

営業2課 齋 光太朗

シャトー フルール オー ゴーサンの商品一覧はこちら>>>
シャトー フルール オー ゴーサンの生産者情報はこちら>>>

2019年6月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

TOPへ戻る