生産者情報 ―producer―

テッレ デル バローロ

  • イタリア
  • ピエモンテ

バローロ最大級の規模と、エノロゴ"ダニエーレ"のセンスを活かしたワイン造り

バローロとその周辺に約650haの畑を持ち、ドルチェット、バルベーラ、ネッビオーロ、バローロなどを生産しています。二人のアグロノミスト(農学者)が、畑での作業から収穫時期まで細かく指導しています。エノロゴは若手のダニエーレ ポンツォ(1977年生)です。ダニエーレはアルバの醸造学校を出た後、ジュゼッペ カヴィオラやガヤで経験を積み、2003年テッレ デル バローロに移り、2007年からメインのエノロゴとして働いています。「品質を向上させるために様々な試みをし、またモダンな要素を否定する訳ではないが、出来上がったものをみると伝統的な味筋を守っていることがわかってもらえると思う。」と語ります。ダニエーレは、同じワインを異なる樽に入れ、違いをチェックする樽の研究室を持っています。
 樽熟成は、初めに試飲して樽を決め、1年後に試して次にどの樽を使うかを決めるという過程を経て、その後ブレンドしタンクで保存します。「樽の使い分けは画家が色を選ぶようにいろいろ変えるので説明は難しい。」 他には、冷却装置付きタンクや、ミクロ ブラージュ、窒素充填出来る瓶詰めラインなどもあります。大きな組織のメリットは、良い畑、良いワインだけを選んで瓶詰め出来ることで、毎年買った葡萄の30%前後をバルクで売っています。品質を上げるために、畑での選別をより厳しく行い、タンクも葡萄の状態別に管理できるよう小さいものを使用するなど、工夫しています。テッレ デル バローロのポリシーは、毎年クオリティが上がるように努力すること。そして、魅力的な価格で提供したいと考えています。

Data

歴史 1958年 22の生産者が集まり設立
現在、約400人の契約農家が所属
オーナー パオロ ボッファ

ダニエーレ ポンツォ (写真):2003年に加入。2007年からメインのエノロゴになる。
葡萄園 650ha(内、バローロは220ha)とその周辺
栽培 化学肥料は必要な時のみ少々使用  これまでも数ヶ所の畑ではオーガニックで栽培していた。
除草剤は使わず、雑草を生やして、月に1度刈り、そのまま肥料とする。
ひとつの畑に2~3種のクローンを植え、複雑さを出す。
ワイン造りの物語 <アルナルドリヴェラのシリーズ>
アルナルドリヴェラ シリーズは2013年からスタートしたテッレ デル バローロの新しいプロジェクトです。最高の品質のワインを造るため、栽培農家の中で、特に優れた畑を持っている数軒と新たな契約を交わし、従来の葡萄の量に対して支払うのではなく、畑の面積に対して対価を支払います。これによって栽培農家は収入減の心配なく、思い切った収量制限を行うことが出来ます。また、栽培農家はテッレ デル バローロのアグロノミスト(栽培専門家)のチームに随時、栽培状況の報告を行い、またアグロノミストが定期的に畑のチェックを行います。ワイン名にあるアルナルドリヴェラは、1958年にテッレ デル バローロを創設し、このエリアのワイン造りの発展に貢献したアルナルド リヴェラ氏に敬意を表してつけられています。



生産者訪問ブログ(2017)


テッレ デル バローロの商品一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る