生産者情報 ―producer―

カ ルガーテ

  • イタリア
  • ヴェネト

毎年のように「ガンベロ ロッソ」で最高賞を受賞する、ソアーヴェの一流生産者

「カ ルガーテとは、ルガーテの丘の頂近くにある家」  そこを畑仕事の拠点兼レチョート用の乾燥室としたことから名付けています。ミケーレは、エノロゴ2人と共にワイン造り、父のアメデオが畑仕事を担当しています。スタッフは8人で、収穫は40名で行います。
「こだわりの栽培と収穫、最新技術によるワイン造り」  年間を通して剪定を行い、また夏場にはグリーンハーベストを行って余分な葉を落とし、4~6房に収量を制限します。また葡萄の選別は、収穫の際とカンティーナのコンベアーでの計2回行います。小さい箱を使い全て手摘みで収穫し、外国人労働者ではなく、手慣れた地元の人達と行います。収穫量は地域の規定の140hl/haより25%抑えています。ゴムのヘラの付いた特殊な機械で傷つけず除梗します。白ワインは、窒素ガスを入れ酸化防止をしながらプレス出来る特殊な機械で圧搾、16~18度で1日置いて余分なものを沈殿させ、よりクリアなモストを取り出します。セラー内のタンクの情報は、コンピューターで完全に管理し、すべての過程のデータ(収穫日、温度等)が分かるようになっています。
「赤ワインでも最高評価」 2001年から15年以上に渡り、ヴァルポリチェッラの重要な生産者となることを目指してきました。その結果、「ワインスペクテーター」、「ヴィノス」等で90点以上を獲得、さらに「ガンベロ ロッソ2017」で、’12VTのアマローネがトレ ビッキエーリを獲得しました。それまで17回も白ワインで最高評価を獲得してきたカ ルガーテですが、ソアーヴェの生産者で初めて赤ワインでも最高評価を得るまでに昇りつめました。カ ルガーテのヴァルポリチェッラは、畑の標高が高いことが特徴で、エレガンス、ストラクチャーがあり、フレッシュで重すぎず、あくまでもエレガントさを追求しています。

Data

歴史 500年以上続く、歴史ある農家の家系。
1900年頃 ミケーレの曾祖父アメデオが自家製ワインの販売を始める。
1930年代 アメデオの息子フルヴィオが亡き父の仕事を引き継ぐ。果樹の栽培が主で、葡萄は少なく、地元で売っていた。
1940年代 フルヴィオがモンテ フィオレンティーネ地区に約6haの葡萄畑を購入。
1970年代 カ ルガーテの前身となる、アジエンダ テサリ フルヴィオを設立。
1986年  フルヴィオの息子アメデオが、カ ルガーテという名前に変更。設備投資を行う。
1999年  新しい醸造所が完成。
2001年  アメデオの息子ミケーレが参加。赤ワインの生産開始を決め、ヴァポリチェッラに15haの畑を購入。
オーナー テサリ家  ミケ―レ テサリ : 4代目。社長
葡萄園 72ha  ソアーヴェ40ha、ヴァリポリチェッラ30ha、レッシーニ デュレッロ(借りている)2ha
ソアーヴェ クラッシコのエリアにおいて、最も自家畑の多い生産者
栽培 2000年から化学肥料の使用を止め、牛糞、オーガニックコンポストによる土、植物由来のミネラルの肥料を使用。
ワイン造りの物語 <創設者フルヴィオ ベオ>


生産者訪問ブログ(2019)

生産者訪問ブログ(2017)

カ ルガーテのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る