生産者情報 ―producer―

カヴァルキーナ

  • イタリア
  • ヴェネト

D.O.C.クストーツァの生みの親。飲んだ人が「これカヴァルキーナのワインだね」と分かるワインが造りたい

「古くからこの地区の重要な生産者」  カヴァルキーナの名は、ワイナリーのある地域の名前で、カヴァルキーニ伯爵の邸があったことに因んでいます。ワイン造りの歴史は古く、1848年には既にクストーツァの地域において最も重要なワイン生産者として記録されています。また、オーストリアのハプスブルグ家が作成した地図では、第1級、第2級に格付けされました。1911年にはピオーナ家が所有者となり、1948年にルチアーノの祖父が自分用のセラーを建設しました。タンクをステンレスタンクに変更したり、設備を刷新したりしてきましたが、今でもそのセラーを使用しています。祖父は、クストーツァの典型的な葡萄品種を栽培していました。1962年、伝統的な葡萄品種から、新しいブレンドの白ワインを造り、そのワインを「クストーツァ」と名付けました。質よりも量が重要視されていた当時、このような品質を重視したプレミアム的なタイプのワインを市場に送り出すことは容易ではありませんでしたが、粘り強い努力の結果、1971年にD.O.C.に指定されるまでになりました。
「ガルダ湖がミクロクリマを生成」  畑は、ガルダ湖の氷河によって形作られた、太陽の光に恵まれた半円形の盆地にあります。湖自体が、温度や風によるミクロクリマの重要な要因となっています。土壌は混じっていて、石が多い部分や石灰質や粘土質など様々です。標高は100~150mです。
「地元でも広くオンリスト、品質が安定」  ヴェローナの多くのレストランでワインリストに載せられています。また、カヴァルキーナ(ピオーナ)のワインを扱い出して20年以上になりますが、ヴィンテージによる品質のバラツキは皆無といってよく、その安定感には絶大な信頼をよせることが出来ます。

Data

歴史 1848年 地域の重要な生産者としての記録があり
1911年 ピオーナ家の所有となる
1962年 ビアンコ ディ クストーツァを、ヴィーノ ダ ターヴォラとして瓶詰め
1971年 ビアンコ ディ クストーツァ、D.O.C.に昇格
オーナー ジュリエット ピオーナ : 父

ルチアーノ ピオーナ : 長男。現在はルチアーノが中心にワイナリーを運営している。
フランコ ピオーナ : 次男。
葡萄園 26ha  北斜面20ha  南斜面6ha  
カヴァルキーナの畑には、祖父が1962年に初めてクストーツァを造った時の葡萄があり、新たに植樹する際は、この樹のクローンを使い、畑に昔からある葡萄の特徴を受け継いでいこうとしている。
ワイン造りの物語 〈バルドリーノとヴァルポリッチェラの違い〉
「バルドリーノもヴァルポリッチェラも同じエリアですが、前者はガルダ湖にあり、後者は山の中にあります。ガルダ湖が近くにあるバルドリーノは、魚を使った料理が主流であって、そこには重いものは必要ありません。ヴァルポリッチェラは馬とかの重い肉を使った料理だから、骨格のある重いワインが必要になります。そういう全てのものがテロワールであって、文化だと考えています。土地の地域性をワインに表現したいです。」(2014年ワイナリー訪問時)

〈白ワインの造り方〉
「リンゴを切ると、すぐに茶色になってしまいます。これが酸化です。葡萄の果汁が酸化すると、香りは失われてしまいます。酸化を防ぐために、私たちは葡萄を手で収穫します。機械で収穫すると、葡萄が傷つきすぐに酸化してしまいます。セラーにある除梗機やプレス機といった設備には、窒素を充填して酸化を防いでいます。現在は、酸素と一切触れることなく果汁を保管することが可能になっています。プレス機から出てきた果汁は、34~36時間静置し、清澄させます。果汁がちょうどよい清澄度になった時に、葡萄品種毎に発酵を始めます。発酵は17℃前後で行います。冬の間中、澱と共に熟成させ、途中撹拌します。1月になったら、ブレンドします。ブレンドというのは、ワイン造りの中でもとても重要な仕事です。様々な葡萄品種をブレンドすることで、複雑さをもったワインが出来ます。そして、ヴィンテージ毎の品質を安定させることも出来ます」(2013年来日時)

〈ルチアーノ ピオーナのワイナリー〉
・ラ プレンディーナ(ロンバルディア)
・トッレ ドルティ(ヴェネト)

生産者訪問ブログ(2019)

カヴァルキーナのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る