生産者情報 ―producer―

アルファ ゼータ

  • イタリア
  • ヴェネト

常に安定した品質/フレッシュでエレガントなワイン造り

アルファ ゼータは、マスター オブ ワインであるデイヴィッド グリーヴと、ニュージーランド出身の醸造家マット トムソンが立ち上げたブランドです。
「良い品質と良い価格の両立」  マットが常駐し、多くの仕事をします。畑はすべて条件の良い斜面の畑で、さらに収穫量の制限や遅摘みによる完熟した葡萄の収穫など、栽培も指導します。収穫時には二つのカンティーナの畑から、良い葡萄を選びます。農夫達とは、「品質の高い葡萄を造れば必ず買い取ってもらえる」という信頼関係を築き上げています。ヴァルパンティーナの農協長ルカ デガーニは、「葡萄を選ばせるということはとても特別なことで、マット トムソンと私の人間的な関係があるから」と話しています。また、設備を全てレンタルでまかなうことで、生産コストを下げています。醸造もマット トムソンが行います。白ワイン用葡萄は、カンティーナに運んで、すぐ他よりも低い12度まで冷やしてから醸造します。その結果、デリケートでファインなワインとなります。さらに、ワインにリッチさを与えるため、シュール リを行います。

Data

歴史 1999年 デヴィッド グリーヴとマット トムソンが設立
オーナー デイヴィット グリーグ : カナダ産まれ。若いときにロンドンへ向けて放浪の旅に出ました。お金が必要となり、レストランで働くようになりました。そこでワインに興味を覚え、ヒュー ジョンソンの本を買って勉強したのが、ワインと関わるきっかけとなりました。現在も勉強は続いています。1986年にマスター オブ ワインを受けました。「その当時は簡単だったんだよ!(笑)」 とデイヴィッドは話していました。

マット トムソン : 畑仕事も。ニュージーランド マルボーロのプレミアムワインを造る複数のワイナリーでコンサルタントとして働く。2008年インターナショナル ワイン チャレンジで、「白ワインメーカー オブ ザ イヤー」受賞。
葡萄園 <農協と銘柄の関係>
カンティーナ ヴァルパンティーナ : 赤80%、白20%。 コルヴィーナ、ヴァルポリチェッラ
カンティーナ モンテフォルテ : 白90%、赤10%。 ガルガネガ、ソアーヴェ
ワイン造りの物語 アルファ ゼータのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る