生産者情報 ―producer―

サルタレッリ

  • イタリア
  • マルケ

ヴェルディッキオ100%&ステンレスタンク100%のこだわりと自信は、「ワインは畑で出来るものだ!」という言葉からもうかがえます。

イエージの町から10kmほど離れたモンテカロット村のサルタレッリ家のセラーは、300~350mの丘陵地帯にあり、畑はほとんどセラーに隣接しています。100%ヴェルディッキオを栽培しています(法律上15%までなら何かを混ぜることが可)。「ヴェルディッキオ100%ですべてのワインを造っている人は他にいない。1商品だけ作っている人はいるかもしれないけどね」。古い機械を使用して、地表から深い所に苗を植えています。肥料は農協からの家畜の糞を固形にしたもの、害虫にはフェロモンを使用。苗木屋には3~4種類しかないので、古い樹齢の葡萄を分析して、32種類の苗木を開発しました。3つのクラスとも醸造は全てスレンレスタンクを使い、同じ方法で行っており、違いは畑と収穫方法のみです。彼は、「最近スタイルを真似する生産者が多いので困るよ。」「ワインは畑で出来るものだ!!毎年醸造過程は同じだけれど、品質は年によってずいぶん差がある!!」と話していました。息子のトマーゾは2011年に醸造学校を卒業し、畑のアグロノミストと一緒に働いています。

Data

歴史 1960年代半 葡萄栽培を始めるが、収穫は他のワイナリーへ販売
1972年 自家畑の葡萄でワイン造りを開始
1989年 義父が亡くなり、パン職人だったパトリッツィオが引き継ぐ
オーナー パトリッツィオ キアッキアリーニ、ドナテッラ サルタレッリ夫人
葡萄園 葡萄畑 55ha   100%クラッシコのエリア
畑に化学的なものは使わない
ワイン造りの物語 以前、パン職人だったことから、酵母へのこだわりは格別のものがあります。酵母の種類、タイプ(生の酵母)など、研究を続け、最良の酵母を目指しています。
取り扱いワイン

TOPへ戻る