生産者情報 ―producer―

ポデーレ29

  • イタリア
  • プーリア

絶滅寸前のプーリア北部の地葡萄ネーロ デ トロイアで鮮烈デビュー

「プーリア北部で高品質なワイン造り」 2007年に設立の、まだ新しいワイナリーです。プーリア北部、フォッジャ県チェリニョーラのボルゴ トレッサンティで、パオロ マッラーノと息子のジュゼッペによって営まれています。2011年から、大学卒業後からワイン造りに携わっていた、パオロの弟のミケーレが参加、畑仕事のために常駐しています。「プーリアは大量生産で質の低いものが多い。自分達は、デリケートで難しい葡萄品種を使い、他の人のやっていないワインを造りたい。」と語ります。収穫の1ヶ月前に畑で選別を行います。
「農場29番」 Podere 29の名前の由来は、第1次世界大戦後、退役軍人に土地の貸与が行われた際、ここが29区画目のPodere(農場)だったためです。ラベルの木は桑で、Gelsoも桑の木という意味です。祖父が別の場所に土地を持っていて、そこにあった桑の木が枯れそうでした。それを、今カンティーナのある場所に移したら元気になったので、再出発という意味も込め、カンティーナのシンボルとしました。

Data

歴史 祖父の代まではオリーヴを、父の代は野菜を作っていた
2007年 設立
2010年 輸出開始
オーナー ジュゼッペ マッラーノ : オーナー。
パオロ マッラーノ : 父。現在マルゲリータ ディ サヴォイアの市長をしている。

ミケーレ : 叔父
栽培 ICEA ビオロジコ、ユーロリーフ認証(2017年に取得)
肥料は撒かない。病気になっても、銅や硫黄は使用しない。
ワイン造りの物語 <映像>
ワイナリーは海の近くにあり、マルゲリータ・ディ・サヴォイア塩田という、ヨーロッパ最大級の塩田のすぐそばに葡萄畑が広がっています。映像では、オーナーのジュゼッペ マッラーノがポデーレ29への情熱を見ていただけます。

podere en st def color from Giuseppe Marrano on Vimeo.



生産者訪問ブログ(2017)

アジエンダ アグリコーラ ポデーレ29のワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る