生産者情報 ―producer―

アンデルーナ セラーズ

  • アルゼンチン
  • メンドーサ

アルゼンチンで最も高い標高1300mの畑/安定して高品質のワインを造る

トゥプンガトにある標高1,300mの場所にワイナリーと自社畑を所有しています。畑は道を挟んで2ヶ所に分かれています。また、ウコにも畑があります。アルゼンチンのマルベックの人気が世界的に高まっているので、生産量を増やしています。畑は、たいへん日当りが良く、昼夜の温度差が大きいため、濃厚な色とアロマを持った、骨格のしっかりとしたワインが出来ます。ドリップ イリゲーションの水量は、必要な分だけ供給されるようコントロールし、収穫量は、1haあたり10トン以下になるようにキャノピーマネージメントを行っています。太陽が昇る側の樹は、日光が弱いため、葉を落とし、反対側は、日光が強いため、葡萄が焼けないように葉を残すようにします。樹と樹の間には、豆科の植物を植えています。この植物が虫除けになっています。
樽は、アメリカンオークばかりだと、葡萄が樽の風味の影響を受け過ぎてしまうため、フレンチオークを主に使うようにしています。コルクにもスクリューキャップにも対応出来、窒素ガスを注入出来る最新のボトリングマシンを導入しています。

Data

歴史 2000年 ワード レイがメンドーサを訪れ、次のナパ ヴァレーになると確信して、栽培家のルティーニ ファミリーに投資を決める。
2003年 アンデルーナ設立
2011年 ワード レイ死去。レイ家は、アンデルーナをバラーレ家に売却。
オーナー バラーレ家
葡萄園 トゥプンガト 標高1300m  シャルドネ10ha、マルベック30ha、カベルネ ソーヴィニヨン20ha、カベルネ フラン10ha、メルロ10ha
ウコ 標高800m カベルネ ソーヴィニヨン、マルベック、ソーヴィニヨン ブラン
ワイン造りの物語 アンデルーナ セラーズのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る