生産者情報 ―producer―

ドメーヌ ド ラ トゥール デュ ビエフ

  • フランス
  • ボージョレ

あのヴァンサン ジラルダンが惚れ込んだ唯一のクリュ ボージョレ

「畑を見て、すぐに購入を決断」  2010年、シェナ村にあるドメーヌ ラ トゥール デュ ビエフを購入しました。ここは、450年前にコント ド スパール家によって設立された、ムーラン ナ ヴァンの中でも最も歴史あるドメーヌのひとつです。所有する畑はすべて、1874年にマコンの商工会議所とワイン販売業者の組合によって「最高の区画」に格付けされたエリア内にあります。ジラルダンは、この土地を見て、すぐに購入を決断していたといいます。なぜなら、ここには、優れた土壌、日照条件、樹齢の高い葡萄、というハイクラスのワインを造るための条件がすべて揃っていたからです。
「バリック熟成したジラルダン スタイル」  2011年に訪問した際、「何故ボージョレをやってみたいと思ったのですか?」という質問に、「ボージョレ地区に良くないイメージを抱く人も多いが、ボージョレのガメイのポテンシャルは高いと信じています。あのボージョレのタイプでしっかりとワインを造れば、次世代の人々が求めるスタイルの味わいになると感じています。ただし、私の考えるムーラン ナ ヴァンは、伝統的なやり方ではだめです。除梗をして、バリックで熟成させて造ります」との答えが返ってきました。
「その後、畑を売却したため、希少なジラルダンのボージョレです」  その後会社を売却した際、「レ オート ド ラ ロシェル」と「ラ ベルナディーヌ」の畑は売ってしまったため、現在庫のみとなります。

Data

オーナー ヴァンサン ジラルダン : ワイン醸造当時。現在は売却済み。
ワイン造りの物語 ドメーヌ ド ラ トゥール デュ ビエフのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る