生産者情報 ―producer―

ドメーヌ フォン サラド

  • フランス
  • コート デュ ローヌ

人生、山あり谷あり。父から離れ、いろいろな人の下で働いてきた

「エドモン ビュルルの長男がヴァケラスでワイン造り」  ベルナール ビュルルは、ジゴンダスの故エドモン ビュルルの長男で、現在は義父のドメーヌを相続してワイン造りをしています。ドメーヌ フォン サラドは、ヴァケラスの北のポンシュの高台に位置します。義父の時代は全て農協へ販売していましたが、ベルナールが加わってから自社ワインの生産へ移行しました。
「プライドを持ち、品質にこだわる」  醸造設備等はモダンになっても、伝統的な造り方を忠実に守っています。品質にはこだわりを持っていて、納得出来ない品質の葡萄は売ってしまいますし、A.C.として納得できないものはV.d.P.に回しています。「甘みがあって、リッチなスタイルをしかもお値打ちな価格で」がポリシーです。ヴァケラスやジゴンダス、ヴァントゥーで10本の指に入ると自負しています。ヴァケラスのレストランでは、サン デ カイユー等と変わらない価格でオンリストされていました。また、ベルナールはアペラシオン ヴァケラスの審査員もしています。ベルナールは、ワイン造りのアドバイスをするために次男と三男(E.A.R.L. ビュルル)を訪れます。

Data

歴史 1936年 ルネ ドヴィネが設立。
1996年 娘婿にあたるベルナール ビュルルが手伝いを始める。
2002年 ベルナールが相続。瓶詰設備などを導入。
2008年 セラーが完成
2015年 新セラーが完成。今まで800hlしか醸造できず、残りはほかで醸造していたが、1700hlを醸造できるようになった。
オーナー ベルナール ビュルル : 1963年生。故エドモン ビュルルの長男。
クレール : ベルナールの娘。1993年生まれ。モンペリエ醸造大学で勉強。オーストラリアのワイナリーで研修。非常に聡明で快活、将来に期待が持てます。
葡萄園 ヴァケラス18ha / コート デュ ヴァントゥー8ha / コート デュ ローヌ2ha / プラン ド デュー1ha / ジゴンダス1.25ha / V.d.P.5ha
栽培 除草剤は使わない。ボルドー液や硫黄を使用。
草やカスなどを混ぜたコンポストを使用。
ワイン造りの物語 生産者訪問ブログ(2017前編)
生産者訪問ブログ(2017後編)

ドメーヌ フォン サラドのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る