生産者情報 ―producer―

フランツ ヨゼフ ファーバー

  • ドイツ
  • モーゼル

まったくの家族経営のワイン生産者で、夫婦と二人のポーランド人だけで作業。

モーゼル中流域のミンハイム村にあるファーバー家は、古い伝統を持つまったくの家族経営のワイン生産者です。品質を向上するために、認可されている量より30%も収穫を抑えています。紙フィルターを使っていた瓶詰め前の濾過方法を、品質向上のためにパウダー状のフィルターに変えました。プレスしてすぐにフィルターを通すことによって、苦味を出さないようにしています。酸については、「食生活や労働環境(かつて重労働の多かった時代は体が酸を欲した)の変化により、酸に対して敏感になってきている。かといって、化学的に減酸することはしない。澱とともに浸すと、酸は自然に下がる。何よりも残糖と酸のバランスが大切だ。」と考えています。そうした努力の結果、ファーバー家のワインは取り扱い始めた頃よりも、明らかに品質が良くなってきています。特に1998年以降からは、友人であるヨハン ハールトにワイン造りを教わり、目に見えて品質が向上しています。こんなにコストパフォーマンスの高い、しかも名産地ピースポートのリースリングは他に見つけようがありません。

Data

歴史 1973年 設立。
オーナー フランツ ヨセフ ファーバー
葡萄園 3ha  ピースポート、ミンハイム
中流モーゼルで有名なピースポートやミンハイムの村に斜度が60度近くもある急斜面の連続する畑を所有しています。
ファーバーが所有するのはギュンタースライの中心部で、ゴールドトレプヒェンの中心部以外には負けない素晴らしいワインを生む畑です。畑は細かく分かれており、ミーンハイマー ローゼンベルクは6ヶ所以上といった具合です。
栽培 斜面については何もせず、平地は腐葉土や木屑を撒き、イネ科の植物を植えており、それによって水の浸透圧をあげると同時に、降雨時の余分な水分を吸収させます。
まったく機械を使用できず、作業はすべて厳しい手作業となります。
ワイン造りの物語 フランツ ヨゼフ ファーバーのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る