生産者情報 ―producer―

ケスター ヴォルフ

  • ドイツ
  • ラインヘッセン

夫婦仲のよいところはよいワインを造るの言葉を、実感させてくれます。

ケスター ヴォルフ家のワイン造りのポリシーは「伝統と現代技術の融合」です。
「畑の微生物を生かすことで、フルーティな葡萄が出来る」  葡萄園面積は34haで、そのほとんどが作業に大変手間のかかる斜面の畑です。貝殻を多く含む土壌であるため、ミネラルが豊富です。葡萄は土を選ぶので適した土に植え、ストレスのかからないやさしい扱いをし、収穫量は少量に抑えた栽培を心掛けています。また、2年ごとに土中の成分を調べ、栄養を与える草を選んで植えます。その草は5月に刈り込んで土の上に放置し、肥料とします。
「最新の技術を取り入れ、新鮮で繊細な果実味を引き出すワイン造り」  白ワインは、涼しい早朝に収穫して、8~10時間程スキンコンタクトを行います。その後すぐにプレスします。出来たモストは、最初は自然に沈殿させ、その後ポンプを使い6気圧で撹拌します。モスト内の空気やミストが上に押し上げられ、2時間程で綺麗なモストになります。その後酵母を加えて、10~12度で2~3週間発酵を行います。
赤ワインは、健康でない葡萄だけ落としたのち、手と機械で収穫します。除梗した後、葡萄を粒ごといれて、8日間32度で発酵させます。その後プレスして、熟成は別のタルに移して行います。

<評価>
ラインラントプファルツ州の農業会議所やドイツ農業協会(DLG)の品評会で高い評価を受けている。
「ファインシュメッカー2014」で1星。

Data

歴史 1684年 創業。
1991年 クラウス&ベアベル夫妻が、祖父からワイン造りを引き継ぐ。12代目。
オーナー クラウス ヴォルフ : 1966年生。妻ベアベルとは、通っていたガイゼンハイム専門大学で知り合う。卒業後ワインの研究を兼ねてファルツに働きに行き、バッサーマン ヨルダンでも2~3週間ワイン造りの実践。
ベアベル : 妻。

マクシミリアン : 息子
ワイン造りの物語 ケスター ヴォルフのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る