生産者情報 ―producer―

ハンス ヴィルシング

  • ドイツ
  • フランケン

代表的辛口ワイン産地フランケン最良の生産者のひとつ

「イプホーフェンの最高畑を所有」  中世の町並みが続くイプホーフェン村でハンス ヴィルシング家は、とても古く歴史のある生産者です。クロンスベルクとユリウス エヒターベルクは、共に同じ斜面に隣接しているイプホーフェンの最高の畑です。畑は南向き斜面で、後方(北側)には冷たい北風を遮ってくれる山があり大変恵まれた場所にあります。また畑は雨の保水率が高く、たいへんミネラルが豊富です。そして畑の畦には藁が敷きつめられています。なぜなら雨が降っても藁を敷いてあるために泥が流れず固まらず、それは葡萄の成分にもなるからです。
「90%が国内で消費」  フランケンにはボックスボイテルを使用するための基準があり、それはモスト80エクスレ、収穫量74hl/haであることです。フランケン全体の50%がボックスボイテルを使用していますが、ヴィルシングは75%で、品質の高さが分かります。ヴィルシング家はフランケンにおいて最良とされる生産者の内の1人とゴーミヨでも高く評価されています。その90%が国内で消費されています。写真のウヴェ マテウスはエノロジストであり、ヴィルシングの片腕です。また、モーゼルのヨハン ハールトとは姻戚関係にあります。

<評価>
「ヴィヌム2019」で3.5星、「ゴーミヨドイツワインガイド2019」で赤3房、「アイヒェルマン2019」で4星、ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2019」で★★★、『イプフォーヘンの有名な生産者は、古典的な骨組みのある辛口のリースリングとシルヴァーナーで知られる』。V.D.P.

Data

歴史 1525年 ケラー建設。
1630年 ワイン造りを始めた。
オーナー ハインリッヒ ヴィルシング博士家
栽培 75ha
40%シルヴァーナ、23%リースリング、ミュラー トゥルガウ、ショイレーベ、ピノ ブラン各8% 他
ワイン造りの物語 酵母 : 選別酵母。まっすぐでクリーンなワインにするため。

ハンス ヴィルシングのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る