生産者情報 ―producer―

ドメーヌ ド ヴュー プルニエ

  • フランス
  • ロワール

10人に1人がワインに携わるビュエ村は、最も優れたサンセールを産する村として知られています。

婦が造る、正統派サンセール / 海外での人気も高い」
サンセールの中でも優れたワインを産する村として知られるビュエでワイン造りをするドメーヌです。
「畑は27ヶ所に分かれています」  葡萄畑は集落を囲む標高250mの斜面に広がり、27ヶ所に分かれています。ソーヴィニヨン ブランの畑は7ha、そのうち60%が粘土石灰質土壌、40%がカイヨット(小石が多く、チョークと石灰質の混ざる土壌)です。ピノ ノワールの畑は3ha、土壌は粘土石灰質のテール ブランシュです。植密度は6,800本/ha、仕立てはシングル ギヨー、平均樹齢は20年です。最も古い葡萄は樹齢50年(全体の5%)になります。
「シェ―ヴルチーズに」  おすすめは何と言ってもシェーヴルチーズに合わせて飲むこと。訪問時の試飲にもシェーヴルチーズを出していただきましたし、レストランのディナーでも、やはり締めはシェーヴルチーズでした。サンセールでは極々当たり前の組み合わせです。

Data

歴史 1924年 父方の祖父エデュアールが葡萄栽培を始める。母方の家系もワイン生産者
1981年 父と一緒にワイン造りの仕事を始める
1984年 父と叔父から5haの土地を引き継ぐ
1986年 バルクでワインを売るのを止め、自身のドメーヌで瓶詰めをスタート
1995年 「ドメーヌ ド ヴュー プルニエ(古いプラムの木)」を設立
オーナー クリスティアン ティロ : 1963年生まれ。3代目。
葡萄園 計10ha 自社畑4ha ビュエ村とクレザンシー村 + 契約畑(フェルマージュ)6ha
ワイン造りの物語 生産者訪問ブログ(2015)

ドメーヌ ド ヴュー プルニエのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る