生産者情報 ―producer―

ドメーヌ ガラブー

  • フランス
  • ラングドック ルション

ルヴュ デュ ヴァン ド フランスでも高評価
南仏リムーで今最も注目の人物

「ドニ ドゥブルデュー教授の教えを受ける」  フレデリック ガラブー(Frederic Garrabou)は、世界中の様々な場所でワイン造りを学び、数多くの経験を積んでいます。ワイン造りを学ぶため、ラングドックを離れ、ブルゴーニュのボーヌのBTS Viti-oenoで学び、またアンヌ フランソワーズ グロ、ドメーヌ シャンソンといった著名ドメーヌでワイン造りを経験しています。ブルゴーニュでは、テロワールを尊重し、単一品種で仕込むワイン造りについて知識を深めました。その後、さらに2年間、ボルドーのISVVで学び、偉大なワインメーカーであったドニ ドゥブルデュー教授の教えを受けました。さらに世界のワイン造りを知るために、カリフォルニア、オーストラリア、ニュージーランドなどニューワールドで修業を積みました。国が変われば、品種やワイン造りの方法も違います。そこで彼は醸造学というものを深く理解することになりました。
「実家のあるリムーでドメーヌを設立」  そして2014年、フレデリックは故郷に戻り、リムーのガルディ(Gardie)に所有する実家のドメーヌでワイン造りをスタートさせました。畑の面積は22ha、ピレネー山脈の麓に広がっています。フレデリックが実家に戻る以前の祖父や父の時代には、育てた葡萄はすべて農協へ売っていました。しかし、彼は自分のドメーヌ名のワインを造りたい思い、栽培方法を以前と変えるなど自分が培ってきた経験と知識を生かし、ついに最初のワイン2016年ヴィンテージをリリースするに至りました。

※BTS Viti-oeno:Brevet de Technicien Supérieur Agricole en Viticulture œnologie 葡萄栽培学における高等農業技術者の修了証

<以下、フレデリックのコメント>
「他人のためにワインを造ることと、自分自身のための葡萄からワイン造ることは大きく違います。自分のワインには自分自身が深く関わり、大きく反映されるのです。すべてが自分の意志で決断しなければなりませんから、これまで経験してこなかったリスクを背負うことになりました。皆様が私のワインを喜んでくださればよいと思います。そして私がワイン造りの中で感じた喜びやパッションを飲む人に感じていただきたいです。」

Data

歴史 2016年 ファーストヴィンテージ
オーナー フレデリック ガラブー
葡萄園 22ha
取り扱いワイン

TOPへ戻る