生産者情報 ―producer―

ケース キーレン

  • ドイツ
  • モーゼル

モーゼル中流域の著名な畑を所有、1648年設立の歴史ある生産者

ケース キーレンはモーゼル中流域のグラーハ村にある、全くの家族経営の生産者です。設立は今から約370年前の1648年です。現在は、12代目の兄のエルンスト-ヨセフ(写真左、醸造、販売担当)と弟のヴェルナー(写真右、栽培担当)の兄弟が30年にわたり、ワイン造りを行っています。生産するワイン全体の60%が辛口、20%がオフドライ、20%甘口です。エルンスト-ヨセフの息子ニクラウス(写真中央)は、将来13代目を引き継ぐべく、現在ガイゼンハイム大学で醸造、栽培を学んでいます。

Data

歴史 1648年に設立
オーナー エルンスト-ヨーゼフ ケース(Ernst-Josef Kees)
ヴェルナー ケース(Werner Kees)
葡萄園 グラーハー ドームプロブスト 2ha
グラーハー ヒンメルライヒ  2ha
その他、エルデナー トレプヒェン、ケステナー パウリンスホフベルグ、キンハマー ローゼンベルグにも畑を所有
ワイン造りの物語 ケース キーレンのワイン一覧

生産者訪問ブログ(2019)
取り扱いワイン

TOPへ戻る