ワイン情報 ―wine―

バローロ ウンディチコムーニ

複数の村のベストの葡萄を集結させて造る
テッレ デル パローロの自信作
ラベルにはバローロを産する11の村(ウンディチコムーニ)の形が描かれています。テッレ デル バローロは11の村全て畑を持っており、葡萄栽培農家、その畑を結びつける姿を描いています。
ヴェルドゥーノ、ラ モッラ、カスティリオーネ、セッラルンガ村の畑の葡萄を使っています。土壌は粘土石灰質。収穫は100%手摘みで行います。2013年の収穫は10月17日に行いました。葡萄は除梗、破砕します。アルコール発酵前に、12度から14度の低温で2日間、低温マセラシオンを行います。アルコール発酵は30度以下にコントロールしながら約13日間行います。マロラクティック発酵、熟成はフレンチオーク樽で行います。熟成期間は20ヶ月、全体の25%は500Lのトノー(新樽ではない)、50%に25hlの大樽、残り25%は50hlの大樽を使います。ボトリングした後、さらに8ヶ月瓶熟させます。リッチでバランスのとれた伝統的なバローロです。熟した果実味の中にスパイスの要素が感じられ、ヴェルヴェットのようにしなやかでエレガント、持続性があります。

-----------------------------------------------------------------------
アルナルドリヴェラ シリーズは2013年からスタートしたテッレ デル バローロの新しいプロジェクトです。最高の品質のワインを造るため特に優れた畑を持っているメンバーの栽培農家の数軒と新たな契約を交わし、従来の葡萄の量に対して支払うのではなく、畑の面積に対して対価を支払います。これによって栽培農家は収入減の心配なく、思い切った収量制限を行うことが出来ます。また、農家はテッレ デル バローロのアグロノミスト(栽培専門家)のチームに随時、栽培状況の報告を行い、またアグロノミストが定期的に畑のチェックを行います。アルナルドリヴェラは、1958年にテッレ デル バローロを創設し、このエリアのワイン造りの発展に貢献したアルナルド リヴェラ氏に敬意を表してつけられています。
-----------------------------------------------------------------------

Data

商品コード I843
商品名 Barolo Undicicomuni
生産者名 テッレ デル バローロ
ヴィンテージ 2013年
在庫状況
希望小売価格(税抜) 6,000円
容量 750ml
飲み口 フルボディ
葡萄品種 ネッビオーロ
栓の仕様 NODATA
アルコール度数 14
イタリア
生産地域1 ピエモンテ
生産地域2 バローロ
熟成 500lのトノー、25hlの大樽、50hlの大樽で20ヶ月
ヴィンテージ情報 「ガンベロ ロッソ ヴィーニ ディタリア2018」で2グラス、「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ2018」で90点、「ビベンダ2018」で3房、「ジェームス サックリング.com」で92点、「ジャンシス ロビンソン.com」で17/20点。「ワインスペクテーター2018.11.15」で93点
JANコード 4935919058438

TOPへ戻る