ワインブログ ―wine blog―

地域に根差した家族経営の和食店「そば處 大野屋様」(営業1課 辻井 悠太)

皆さん、初めまして!今年4月から入社3年目の東京支店 営業一課の辻井です!
今回ご紹介するのは、代々木八幡駅から徒歩2分の「そば處 大野屋様」です。こだわりのそばは、信州産石臼挽き更科そばを中心に、北海道産、茨城産等、季節やその年の収穫に応じて選定しています。和食の決め手の一つである「鰹出汁」についても並々ならぬこだわりを持つ大野屋様。一度は、訪れたい和食店の一つです!!

「概要」
70年前、戦後間もない頃に「町のそば屋」であることをポリシーに地域密着のお店として開店しました。普段使いから高額ワイン、地酒やテキーラなど、幅広くこだわり抜いたお酒を数多く取り扱い、地下2階は通年20度で温度管理されており、ワインに関してはおだやかな熟成を経てから提供しています。地元のお客様はもちろんのこと、北海道から沖縄まで日本全国のお客様も足を運ぶ家族経営の和食店です。また、外国人や通好みのお客様も愛してやまない大野屋様の魅力を一部ご紹介いたします!

○外国人向けに「特産食材使用店」としてガイドブックに掲載される程の知る人ぞ知る有名店!
○高級ワイングラスである“リーデルグラス”使用!
○ワインのストックは500種類!
○テキーラを扱う飲食店の中では日本の中でトップを争う実力店!
○店主大野様は“ワインの国際資格WSET“と”テキーラ資格“を併せ持つお酒のスペシャリスト!

昨年10月に弊社取り扱いのイタリア生産者も訪問。
ヴェレノージのオーナーアンジェラさん(写真左)  ナルスマルグライドの輸出マネージャー ゴッド フリードさん(写真右)


「和食×ワイン」の組み合わせを一部ご紹介

鰹出汁香るカツとじ煮

合わせたワイン:
ユラ ピノ ノワール リゼルヴァ(品番:I883)

生産者名:ナルス マルグライド


※自家削りしているという2年熟成の枕崎産特上本枯節を特別に見せていただきました!

大野屋様こだわりの鰹出汁!旨味や深みを最大限引き出すため、“毎朝”鰹節を削り、最高の状態で鰹出汁をとります。非常に手間暇かかると思いますが、普通のそば屋と一線を画す理由の一つだと感じます。今回、鰹出汁を使った数ある料理の中から、国民食と言っても過言ではない“鰹出汁香るカツとじ煮”と赤ワインを合わせて楽しみました!カツとじ煮特有の甘さだけでなく、鰹節の香ばしい風味が加わり、今回のピノノワールのように、複雑味のある赤ワインとの相性抜群です!


大人気ランチそばセット
昨年末に、私が頼みましたランチセット。(会食時に食べたカツとじ煮が美味しすぎてリピートしてしまいました)大野屋様のそばを食べないと、年は越せない!と言っても過言ではないくらい美味しいです!ランチ時は、非常にお客様で賑わっておりますので、興味がある方は余裕をもってお越しください。


こだわり抜いた食材、お酒はもちろんのこと、店主大野様のユーモア溢れる会話も楽しみに、「和食×ワイン」を堪能してみてはいかがでしょうか。


営業1課 辻井 悠太


そば處大野屋 元代々木町店

<ホームページ>
https://soba-oonoya.gorp.jp/

<電話番号>
03-3467-7513

<住所>
東京都渋谷区元代々木町3−10

<営業時間>
平日 11:30~15:00 
    17:30~22:30(LO.22:00)
土曜 11:30~15:00

<定休日>
日曜、祝日

2020年6月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

TOPへ戻る