ワインブログ ―wine blog―

テロワールを大切にし、テロワールを最大限に表現する姉妹 “ドメーヌ ラ ロカリエール” (営業2課 齋 光太朗)

2019年最後の生産者訪問ブログとなりました。最後を締めくくるのはドメーヌ ラ ロカリエールです。ドメーヌ ラ ロカリエールは南フランス コート デュ ローヌのタヴェルを拠点にする、セヴリーヌ(醸造担当/写真左側)とメラニー(事務・販売担当/写真右側)姉妹が営む家族経営のドメーヌです。彼女たちがタヴェルの地で造るワインや哲学についてご紹介していきます。

<歴史>
1995年にセヴリーヌとメラニーの姉妹が、父のジャック ボレリーとともに設立しました。祖父の時代には別のドメーヌ名でワイン造りを行っており、畑は一部、当時からのものを引き継いでいます。2009年に父が引退したため、姉妹が引継ぎ、現在ドメーヌを切り盛りしています。当時からオーガニックに近い栽培していましたが、2011年から公的な認証取得のために取り組みをスタートし、2014年にAB認証を取得しました。

<目指しているワインのスタイル>
ドメーヌ ラ ロカリエールが目指すワイン造りは、タヴェルやリラックのテロワールに寄り添った純粋かつエレガントでフレッシュなスタイルのワインです。特に南コート デュ ローヌはとても暑く、グルナッシュは熟しすぎるとパワフルな味わいになってしまいます。そのため、フレッシュさを保つことにとても苦労するそうですが、葡萄が熟しすぎず、最適な成熟度を迎えたタイミングを見極め、果皮と果汁の接触時間を長くしすぎないようにすることで、目指しているエレガントでフレッシュなスタイルのワインを造り上げています。
また、ドメーヌ ラ ロカリエールでは、発酵、熟成はタンクで行います。樽を使わないのは、区画ごとにテロワールがあり、そこから生まれる葡萄の味わいをしっかりと表現したいと考えているためです。
セヴリーヌは「すぐに飲める年もあれば、熟成させる年もあります。ヴィンテージを受け入れ、私たちが大切にしているテロワールが持つ力を伝えていきたい。『小さなエステート』だからこそ、自然にまかせ、テロワールを尊重したワイン造りが出来るのです。テロワールの表現こそが私たちの哲学です。」と仰っていました。この言葉からもテロワールに寄り添ったワイン造りを行っていることがよくわかります。


<畑について>
葡萄畑38ha所有。タヴェルには3つのテロワール(丸石(ガレ ルレ)、粘土石灰質、砂)が存在していますが、ドメーヌ ド ラ ロカリエールの所有する畑はこれらすべての土壌が混ざり合う場所に位置しています。
収穫はすべて手摘みです。父の時代(2009年まで)は50haの畑を所有していましたが、オーガニック認証に転換することと、自分たちの管理が行きわたり、納得のいく形で葡萄栽培を続けるには50haは広すぎると判断し、所有面積を減らす選択をしました。
普段は姉妹で畑作業をしていますが、芽かきの時期には6~10名、収穫時期は20~25名、毎年同じ人たちに手伝に来てもらいます。


<おすすめワイン>


テロワールを最大限に表現した
フランス3大ロゼワイン“タヴェル ロゼ”

・タヴェル ロゼ ル クラシック(商品CD:FC266)
畑の土壌はタヴェルの特徴的な3つのタイプであるガレ ルレ(丸い小石)、粘土石灰質、砂から成っています。
「赤い果実、スパイシー、ペッパーの要素が感じられる。エレガントでフレッシュ。余韻にあるスパイシーさがロカリエールが造るタヴェルの個性です。」とセヴリーヌは語ります。


まさに姉妹2人が目指すスタイル
南仏でありながら見事なバランス

・リラック ルージュ ル クラシック(商品CD:FC267)
萄畑の土壌は、ガレ ルレ(丸い小石)で覆われており、下層に砂質の土壌があります。
様々なスパイスの要素があり複雑でありながらやさしい味わい。多くの料理に寄り添う味わいのため是非食事と共に味わいたいワインです。


ドメーヌを訪問中に彼女たちはテロワールの表現を大切にしていることをしきりに話されていました。オーガニックにこだわり畑の面積を減らしたことやテロワールの表現に最も力を入れていることなど彼女たちの考え方は一貫していました。姉妹2人が造るワインはどれも柔らかさと綺麗な果実味を感じさせ、テロワールの表現を感じるワインでした。姉妹2人の落ち着いた雰囲気とワインやセラーでの説明で見せてくれたとても丁寧で和やかな雰囲気、人柄がテロワールと共にワインに表現されていると感じました。是非ドメーヌ ド ラ ロカリエールが造るワインを飲んで頂き彼女たちのの哲学に触れてみてはいかがでしょうか。

営業2課 齋 光太朗


ドメーヌ ラ ロカリエールの商品一覧はこちら>>>
ドメーヌ ラ ロカリエールの生産者情報はこちら>>>

2020年2月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TOPへ戻る