ワインブログ ―wine blog―

ボージョレ ヌーヴォーが空港に到着いたしました。(経営企画室 藤野晃治)

本年のボージョレ ヌーヴォーが、中部国際空港に続々と到着してまいりました。
名古屋税関中部空港税関支署のご配慮により、税関検査を受ける様子の取材に立会わせていただきましたので、その様子をお伝えいたします。

ワインを輸入する際は、必ず税関による検査が必要です。税関には、税の適正な徴収と、また食品の場合、それが安全なものであるかを検査し、国民の生活を守るといった重要な役割があります。
ボージョレ ヌーヴォーも例外ではなく、現地の公的検査機関が発行する分析表等の提出書類に不備がないか、実際に輸入されたものに相違がないか確認されます。

取材に登場したワインは、ルイ テットの「ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー」です。
(品番 航空便:F-603 船便:F-602)

気になる今年の状況ですが、生産者より下記の通り連絡を頂きました。

『2021年は、天候不順による歴史的な収量減があり、畑でのケアが通常以上に必要な年でした。収穫量が大幅に減少した理由としては、春霜によって芽が凍り、成長しなくなったため葡萄の実の数が減少してしまったためです。白葡萄のシャルドネは春霜の影響がひどく、マコン ヴィラージュ ヌーヴォーは生産が出来ませんでした。

また、気温が上がらず降雨量も多かったため、カビ病がまん延し、健全な葡萄を選別して収穫しなければならず、使用出来る葡萄の量がさらに減少しました。夏もあまり気温が上がらなかったため葡萄の生育は遅くなり、収穫は9月中旬から開始しました。

しかしながら、こうした難しい年であったのにもかかわらず、実際のワインを試したところ、期待以上に品質の高い果実の味わいが楽しめる、素晴らしい年になったといえます。」



私たちも解禁日の11月18日(木)が待ち遠しいです!
ぜひ、美味しいヌーヴォーとともに素敵な時間をお楽しみください。


※2021年のボージョレ ヌーヴォーについての詳細なレポートはこちらをご覧ください。


以下は、弊社取り扱いのヌーヴォーの一覧です。

□ドメーヌ シャサーニュ
・ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー [赤・750ml(瓶)]
・ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー サン スフル アジュテ(酸化防止剤無添加) [赤・750ml(瓶)]

□ルイ テット
・ボージョレ ヌーヴォー [赤・750ml(瓶)]
・ボージョレ ヌーヴォー アン ヴィ(酸化防止剤無添加) [赤・750ml(瓶)]
・ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー [赤・750ml(瓶)]
・ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー キュヴェ サントネール [赤・750ml(瓶)]
・【完全受注生産品】ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー 樽 [赤・15,000ml(樽)]
・【新商品】ボージョレ ヌーヴォー ロゼ [ロゼ・辛口]

※下記商品は霜害により生産中止となりました。
・マコン ヴィラージュ ヌーヴォー [白・750ml(瓶)]

※すべてオープンプライスです。


2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

TOPへ戻る