よくいただくご質問 ―FAQ―

よくお寄せいただくご質問

お客様よりお寄せいただいたご質問や、知っていただきたいワインのことをまとめました。

Q & A

Q.
【ワインの状態について】瓶の中にガラスのようなものが入っていますが、何ですか?
A.
【ワインの状態について】瓶の中にガラスのようなものが入っていますが、何ですか?ワインの瓶の底あるいはコルクに、光る結晶体があることがあります。これは葡萄に含まれる酒石酸と、葡萄が土から吸い上げたカリウムが結合したものです。ドイツでは「ワインシュタイン」と呼ばれるもので、特に品質の優れたワインに現れるといいます。ブドウに由来するもので品質には影響がなく、人体にも影響はありません。

写真:ドイツ モーゼルシルトの古酒。うっすらとワインシュタインが見える(2017年撮影)
Q.
【ワインの状態について】瓶の底に砂のようなものが見られるのですが、これは何ですか?
A.
これは澱(オリ)と呼ばれるものです。天然の葡萄果汁や発酵による酒石、葡萄カス(果肉、皮、種の破片)、酵母カスで、ワイン造りにおいて澱が発生することはむしろ自然ともいえます。生産者によっては品質を重視するため、あえて澱を残してワインを出荷することもあります。
Q.
【ワインの状態について】澱(オリ)は飲んでも大丈夫ですか?
A.
澱(オリ)は葡萄に由来するもので人体には無害ですが、ざらざらして口当たりが悪く苦味もあります。飲む数日前に瓶を立てておき出来るだけ瓶の底に澱を残してグラスに注いでいただくか、デカンタのような別の容器に移して飲んでいただくことをおすすめします。
Q.
【ワインの状態について】コルクの上部にカビが生えている場合は不良品ですか?
A.
【ワインの状態について】コルクの上部にカビが生えている場合は不良品ですか?コルクの上部にあるカビはワインの品質に問題はありません。きれいな布でふき取っていただければ大丈夫です。ワインの保存に最適な環境は、室温が10~17℃、湿度が70%以上と言われています。このような条件では、瓶の表面やコルクの上部にカビが発生してしまいます。海外の生産者を訪問して地下ワインセラーを見せていただくと、古いヴィンテージのワインにはカビがびっしりと着いた状態で保管されています。これは最適な条件でワインが保管されている証拠です。

写真:ドイツ ワイングート・ドクター・ワグナーの地下セラーにて(2017年撮影)
Q.
【ワインの状態について】ワインのキャップシールの上に空いている穴はなんですか?
A.
【ワインの状態について】ワインのキャップシールの上に空いている穴はなんですか?これは空気穴で、キャップシールの取り付け作業の工程で開けられるものです。キャップシールは通常、熱処理を行うなどして加工し、瓶口に取り付けます。この時に空気穴があることで、しわになったり、ゆがんだりする成形不良を防ぐことが出来ます。
Q.
【おいしく飲んでいただくために】赤ワインは室温で飲むと聞いたのですが、室温とは何度くらいでしょうか?
A.
赤ワインは16℃~18℃がおすすめです。
日本の室温ですと少し温度が高く、気温の高い季節は冷蔵庫で30分から1時間程度冷やしていただくと飲み頃の温度に近づきます。
Q.
【おいしく飲んでいただくために】スクリューキャップのワインはコルクのものと比べて品質が劣りますか?
A.
スクリューキャップのワインが、コルクのワインより劣るということはありません。むしろ、密閉性がコルクよりスクリューキャップの方が高いので、近年ではスクリューキャップを使用する生産者も増えてきました。しかし、伝統的にワインの栓にはコルクが使われてきた歴史があり、特に高価格帯のワインではコルクが使用されることが多いです。
Q.
【その他】稲葉のワインはどこで買えますか?
A.
全国のお取り扱いのある酒販店、スーパーマーケット、インターネット通販ショップをお探しいたしますので、お電話かメールにてお問合せください。また、弊社の全商品が購入できるショールームを名古屋市今池に構えております。
Q.
【お取引について】飲食店なのですが、稲葉から直接ワインを仕入ることはできますか?
A.
大変申し訳ございませんが、飲食店様への直接の販売は行わず、弊社からは業務用酒販店様を通じてお取引させていただきます。弊社商品の仕入れをご希望のお客様には、業務用酒販店等をご紹介させていただきます。

TOPへ戻る