生産者情報 ―producer―

カール エルベス

  • ドイツ
  • モーゼル

世界No.1レストラン連続選出されたデンマークの「ノマ」で、オンリスト

創設者のカール エルベスは、30年余り有名なクリストフェル ベレス家のケラーマイスターをしていました。所有する葡萄畑のすべてが非常に厳しい農作業を強いられる急斜面で、耕作や収穫など殆どの作業が手で行なわれています。息子で現当主のシュテファンは、注意深い葡萄の選別により★から★★★ ゴールトカプセルまでの異なったレベルのアウスレーゼを造ることで、中部モーゼルのトップ生産者としての評価を得ることを目指しています。これまでは澱引きのため樽移しをしていましたが、これを新たに瓶詰の2週間前まで澱と寝かせるようにしました。ワインがストレスを感じなくなり、澱がアロマをもたらします。ただし、フィルターにかける手間が数倍大変になるそうです。2009年にニューマティックプレスを導入しました。
毎年のように彼らの家を訪問していますが、時にはユルツィガー ヴュルツガルテンにも足を運びます。そこは畑というよりはむしろ崖と言った方がよく、しかもあちこちに粘板岩の岩板が露出し、農作業中に足でも滑らせたら谷底まで転げ落ち、場合によっては命をも落としかねない、といった所です。私どもが知る限り、他のどこよりも厳しい農作業を強いられる畑です。通常は下から上へ作業をするのですが、あまりに急斜面のため横に移動して摘み取ります。エルベスの畑に一度でも行ったことがある人なら、労働に対して世界で最も安いワインと言っても当然だと思うことでしょう。日本では、私どもでのみご紹介する彼のワインは、いつも品質が安定しており、まさにリースリングの芸術品とも言える味わいを醸し出しています。
ドイツ人はドイツワインの辛口を食事と合わせようと思っていますが、実際にはトロッケンよりハルプトロッケン(ファインヘルプ)を選ぶそうです。

〈評価〉
「モーゼル ファイン ワインズ2013.10」の'12ヴィンテージレポートで、ほとんど全てのワインが90点以上の高評価。「ゴーミヨドイツワインガイド2016」で3房。2012年のラインラントファルツ州品評会で「特別栄誉賞」。ベルンカステル-ヴィットリヒ地区のコブレンツ農業会議所による「栄誉賞」受賞。2年に1度開催される「プロリースリング」で、2011、2013年と2年連続して「醸造者賞」受賞。

Data

歴史 1967年 カール エルベスが設立
オーナー シュフテファン エルベス : 1970年生
葡萄園 5ha  ユルツィガー ヴュルツガルテン、エルデナー トレプヒェン(0.3ha)、エルデナー プレラート
80%がスレート(灰色と青)、20%が赤い岩。
接木をしていない100%リースリング。 70~80年樹齢を最高に、多くが古木。
栽培 肥料は土壌の検査に基づき、毎年違った成分を補充。石灰、葡萄の搾りカス、木の皮、家畜の糞など、有機肥料を使用。
ワイン造りの物語 ドローン映像(ユルツィガー・ヴュルツガルテンの畑)
生産者訪問ブログ(2017)

カール・エルベスのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る