生産者情報 ―producer―

ボデガ イヌリエータ

  • スペイン
  • ナバラ

トレンドを意識しつつ、新しいことにも挑戦。飲み易いワインをリーズナブルな価格で。

「イヌリエータは土地の呼び名」  牛追い祭りで有名なナバラ州の州都パンプローナから南へ約55kmにあるファルセスの郊外にあります。イヌリエータという名前は、バスク語の「蟻のいる場所」を意味し、祖先が約100年前に葡萄を育てていた土地の呼び名で、ワインに対する情熱を持っていた祖先への賛辞として選びました。ロゴは、今まさにワインオープナーでコルクが開けられようとしている状態を表しています。
「乾燥した気候と3つの異なった標高の畑」  畑は、元々がアルガ川だったため、石の多いのが特徴です。畑は海抜300mから480mの間の3つの異なった高度にあり、それぞれが違った土壌になっています。気候は恵まれていて、基本的に乾燥しており、気温も低めです。風が強く風力発電が盛んな地域で、あちこちに巨大な風力発電機を見ることが出来ます。雨は多めなのですが、風が樹を乾燥させ、また夏の暑い時の気温を下げる働きもします。夏場にはボデガの前を流れるアルガ川の水を使い、必要最小限の量を一滴ずつ畑に落とします。作業には、ポルトガルやモロッコからの毎年決まった季節労働者を使っています。
「誰にでも愛されるワインを手頃な価格で」  ワイン造りのポリシーは、飲みやすいワイン(easy drinking)をリーズナブルな価格で提供すること。国や文化を問わず、誰にも愛される、親しみやすいワイン造りを目指しています。

※葡萄品種&比率は、オルキデア、スール以外は、毎年作柄によってブレンドが変わります。

Data

歴史 アントニャーナ家の祖先は、葡萄栽培農家。
1940年代 父は、プエンテ ラ レイナに4haの葡萄畑を所有。父、兄弟と働く。
1971年 父の引退を機にパンプローナに移り住み、スーパーマーケットビジネスを始める。24店を経営するに至る。
1999年 葡萄を植える。
2001年 スーパーを売り、ワイン造りに専念
2002年 正式にボデガを設立
オーナー アントニオ アントニャーナ、ホセ アントニオ アリオーラ 他2名

ケパ サガスティサバル : エノログ(上部トップ写真の人物)
葡萄園 260ha  すべてワイナリーの周辺。畑の管理が容易で、収穫した葡萄をすぐに運び込むことが出来る。
ソーヴィニヨン ブラン75ha
カベルネ ソーヴィニヨン70ha、メルロ31ha、ガルナッチャ26ha、シラー23ha、プティ ヴェルド20ha、グラシアーノ15ha
栽培 農薬は、EUで認められているものを使うが、最低レベルに抑えている。自然に危害を与えない製品を使用している。
ワイン造りの物語 <映像>



ボデガス イヌリエータのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る