生産者情報 ―producer―

ミシェル グバール エ フィス

  • フランス
  • コート シャロネーズ

コート シャロネーズを代表する生産者/モン ダヴリルの斜面からのワイン

「コート シャロネーズA.O.C.の立役者」  ミシェルは、1981年 サン ゼサール村長となり、また1990年にコート シャロネーズがA.O.C.に認可されるために尽力しました。
「日本のために、飲み頃に近づいたワインを出荷」  いつもにこやかなミシェル グバールが他のブルゴーニの生産者と大いに異なるところは、納得のいかないヴィンテージは全量をネゴシアンに売ってしまうことです。また、彼は自分のワインを少しでも飲み頃に近づいてから飲んでほしい、と考えており、他の誰よりも長く私どもの在庫を保管してくれます。
「ワイン造りは、父から息子へ」  ミシェルからピエール-フランソワとヴァンサンへ引き継がれました。長男のピエール-フランソワがセラーを、次男のヴァンサンが畑仕事を分担しています。畑は32haで、コート シャロネーズ モン ダヴリルの他にジヴリ(ヴィラージュとプルミエ クリュ)に所有しています。葡萄品種は、ピノ ノワールとシャルドネ、少しのアリゴテです。
「ロバート パーカーも太鼓判」  ミシェル グバールは、すでにコート シャロネーズを代表する生産者として有名ですが、中でもロバート パーカー Jr.は「秀作年ではコート ドールの村名ワインに勝るとも劣らない」と高く評価しています。

<評価>
ミシェル グバールの素敵なブルゴーニュ・ルージュ=モン・タヴリルは、多くの人々の心をひきつけてきた。1985年や1988年などの秀作年では、コート・ドールの村名ワインに勝るとも劣らない。このおいしさは、土味とベリー系の味とでもいうもの。  
   ロバート パーカー Jr.「ブルゴーニュ」より

Data

歴史 17世紀 グバール家がワイン造りを始める
1962年 ミシェルが引き継ぎ、現在の大きさのドメーヌを建てる
1981年 ミシェルがサン ゼサール村長となる
1987年 I.N.A.O(フランス原産地呼称委員会).のメンバーになる
1990年 コート シャロネーズがAOCに認可
2001年 醸造所と貯蔵所が完成
オーナー ミシェル グバール : 1937年生まれ。
ピエール フランソワ : 長男。セラー
ヴァンサン : 次男。畑仕事
葡萄園 32ha コート シャロネーズ モン ダヴリル、ジヴリ(ヴィラージュとプルミエ クリュ)
ピノ ノワール、シャルドネ、少しのアリゴテ。栽培は、リュット レゾネ。
栽培 栽培は、リュット レゾネで行っています。
ワイン造りの物語 ミシェル グバール エ フィスのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る