生産者情報 ―producer―

シャトー ド ラ ヴィエイユ シャペル

  • フランス
  • ボルドー

僅か7haのマイクロシャトー。自然を愛するフレデリックが造る、食事との相性抜群のボルドーワイン。

ボルドーから24kmほど離れたジロンド県の小さな村、リュゴン エ リル デュ カルネにあり、位置的にはフロンサックの西隣になります。生産量は年間35,000から45,000本という小規模な造り手です。シャトー名の「ヴィエイユ シャペル(古い教会)」は、敷地内にある12世紀に建てられた古いチャペルに由来しています。
「葡萄栽培に重要なドルドーニュ河岸」  葡萄畑があるのはドルドーニュ河の河岸に広がる沖積土で、セラーの目の前に水面が広がります。そのため、河からの風が畑を乾かし、ベト病やウドンコ病が発生しやすいボルドーでのオーガニック栽培にメリットを与えています。さらに、泥を含んだ河の水が、夏は冷蔵庫のような、冬はヒーターのような役割を果たし、温度を調節してくれます。ドルドーニュ河土壌の組成は、砂利質粘土と粘土質に分かれています。植密度は1ha当たり3,700~4,600本。1畝ごとに草を生やし、土中の根の競争を高めています。剪定は収穫量をコントロールするためではなく、品質と集約度のバランスを調整するために行っています。剪定を適切に行っているため、グリーンハーベストは行いません。
「木製のバスケット式圧搾機とコーティング無しのコンクリートタンク」  赤ワイン用の圧搾には、水圧を利用した手動の木製バスケット型圧搾機を使用しています。1度のプレスに2時間ほどかけてゆっくりと行います。時間はかかりますが、柔らかいプレスが出来る点がメリットです。中をコーティングしていないコンクリートタンクはワインにとって理想的な微量の酸化をもたらし、ワインはゆっくりと熟成することが出来ます。赤ワインは、発酵前に2~4日間(年により異なる)、低温マセラシオンを行います。コンクリートタンクで発酵、ピジャージュは機械ではなく人の手で行っています。樽熟成後、コンクリートタンクに寝かせておくと沈殿物が下に溜まり、フィルターを通す必要が無くなります。SO2は使用しますが、非常に少量です。

Data

歴史 2006年 設立
2008年 除草剤の使用を止める。
2009年 殺虫剤などの農薬の使用を止める。
2010~2012年 3年間でオーガニック転換。
2013年 オーガニック認証(エコセール)取得。
2017年 ビオディナミ認証、デメターを取得。
畑の肥料はそれぞれの区画に必要なものを最小限与えるのみ。ムーンカレンダーを使用している。
オーナー フレデリック マリエ : 
ファビエンヌ マリエ : 奥様

アラン フェラン : ビオディナミのコンサルタント
ブリュノー デュラン : 畑の生態系のコンサルタント
葡萄園 7.2ha セミヨン(平均50年樹齢)、カベルネ フラン(平均45年樹齢)、メルロ(25、50、75年樹齢)、ブレシャス(推定150年)、その他
栽培 2017年にビオディナミ認証、デメターを取得。
ワイン造りの物語 <ポリシー>
「技術が発達しているので毎年同じワインを造ることもできるし、もちろんテロワールも大切だが、一番大切なのは天候が毎年違うということを表現することだと思っている」とフレデリックは話していました。

Chateau de la Vieille Chapelleの日本語ウェブサイトはこちらから
生産者訪問ブログ(2016)

シャトー ド ラ ヴィエイユ シャペルのワイン一覧

TOPへ戻る