ワイン情報 ―wine―

アメデーオ クストーツァ スペリオーレ

ピオーナ家の最も多くの賞に輝くワイン
樽熟による風味と力強いコク
「アメデーオ」とは、1866年にこの畑で傷ついたサヴォイアの王子の名前に由来しています。単一品種で造るワインとは違ったアプローチをしています。骨格のあるトレッビアーノとトレッビアネッロは、バリックで熟成させています。ガルガネガは繊細さを失わないように、大樽で熟成させます。ワインの香りを決めているのはフェルナンダです。香りは果肉ではなく皮に含まれているので、失わないようにするために、フェルナンダを凍らせるというやり方を考え出しました。凍らせることによって、フェルナンダの真の個性を引き出すことが出来るのです。フェルナンダは、小さな箱に入れて収穫します。それを冷凍庫に入れ、マイナス20度で凍らせます。冷凍庫のスイッチを切り、マイナス2度になったらプレスして、果汁を取り出します。その後は、他の白ワインと同じ工程を辿ります。ブレンドの時期は少し遅く、4〜5月に行います。美しく、てりのあるレモンイエロー、花や果実を思わせる香りや樽熟による芳醇な風味が豊かに拡がります。柔らかな酸味、力強くコクがあり、非常に完成度の高い仕上がりです。畑やセラーでの探求を重ね、力強く、しかもバランスがとれているという、ピオーナの持っている哲学を最も表現しているワインです。

「ガンベロ ロッソ」で2004〜2016VTまで、13年連続でトレ ビッキエリ(最高賞)を受賞しています。

Data

商品コード I200
商品名 Amedeo Custoza Superiore
生産者名 カヴァルキーナ
ヴィンテージ 2017年
在庫状況
希望小売価格(税抜) 2,500円
容量 750ml
飲み口 辛口
葡萄品種 ガルガネガ40%、フェルナンダ30%、トレッビアーノ15%、トレッビアネッロ15%
アルコール度数 13.5
イタリア
生産地域1 ヴェネト
生産地域2 クストーツァ
熟成 ガルガネガは大樽で、他はバリックで熟成
ヴィンテージ情報 NO DATA
JANコード 4935919052009

TOPへ戻る