生産者情報 ―producer―

ファルネーゼ

  • イタリア
  • アブルッツォ

辛口評価で知られるルカ マローニ「グイダ デイ ヴィニ イタリアーニ」で2005、2006、2007年度版と3年連続で、また2012、2013、2015、2016、2017年度版でも、ファルネーゼが2,500余りもの生産者の中からトップに選出されています

ファルネーゼは、1994年に設立されました。ファルネーゼの名前は、16世紀にオーストリアの王女マルゲリータが、ファルネーゼ家の王子と結婚し、この土地でワイン造りを奨励したことに因んでいます。
「小規模農家の葡萄を買う」  質の高い葡萄を得るには、専門知識があり情熱を持った小規模農家と長期契約を結んで葡萄を買うことが、広い自家畑を所有し、多くの季節労働者を雇うより良いと考えています。農家とは5年単位で契約。量で買うのでなく、良い畑をha単位で買い取ります。
「13人のワインメーカーチーム」  若いワインメーカーを雇い、北半球と南半球で1年に2回、収穫とワイン造りを体験させ、通常の2倍の成長を促しています。そして、2人の経験豊かなワインメーカーが、サッカーチームの監督のように、若いワインメーカーに的確な指示を与えます。
「売れる3つのこだわり」  1:魅力的なパッケージ。手に取ってもらうため、見た目も大事。2:(当然)高い品質。3:優れたコストパフォーマンス。素晴らしい品質でリーズナブルな価格のワインを造るのは、とても難しいことです。ファルネーゼが目指すところは、まさにこれです。
「土地ごとの個性と共通のスタイルを持つ、ファルネーゼ グループ」  トスカーナのテヌーテ ロセッティ、カンパーニャのヴェゼーヴォ、プーリアのヴィニエティ デル サレント、バジリカータのヴィニエティ デル ヴルトゥーレ、シチリアのザブをグループ傘下に収め、フィリッポ バッカラーロを軸に、技術や情報を共有して、素晴らしいワインを造っています。

Data

歴史 1994年  カミッロ デ ユリウス、ヴァレンティーノ ショッティ、フィリッポ バッカラーロの3名で設立
オーナー ヴァレンティーノ ショッティ : 社長
フィリッポ バッカラーロ : エノロゴ。ファルネーゼグループすべてを統括するスーパーバイザー的存在。
デニス ヴェルデッキア : フィリッポに次ぐスーパーバイザー。

リーノ サンテウザーニオ : ファンティーニラインを生産するアブルッツォ常駐のエノロゴ。
フランチェスコ デ サンティス : アブルッツォ担当のエノロゴ。日本市場向けのボトリングも行う。

アルベルト アントニーニ : コンサルタント。世界的に知られる大きなワイナリーのコンサルタントを務めた経験がある一方、いわゆるブティック ワイナリーのような小規模ワイナリーでも数多くのアドバイスも行っており、ワイン造りに関する豊富な知識を持っている。
葡萄園 150ha + 契約面積450ha 300軒の農家と契約。1軒当たり2ha以下。
栽培 グループのワインは、基本的にオーガニックの認証を得られるような方法で栽培。認証を得ているものは、一部のみ。
ワイン造りの物語 生産者訪問ブログ(2018年)

「南イタリアのルネサンス」ファルネーゼ 来日セミナー(2015年)

〈ファルネーゼグループ〉
・テヌータ ロセッティ(トスカーナ)
・ヴェゼーヴォ(カンパーニャ)
・ヴィニエティ デル サレント(プーリア)
・ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ(バジリカータ)
・ヴィニエティ ザブ(シチリア)

ファルネーゼ(アブルッツォ)の商品一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る