生産者情報 ―producer―

ロッカ デイ モリ

  • イタリア
  • プーリア

熟成できるワイン造りがモットー。ボトル熟成によって、より集約し、風味が発展、タンニンも柔らかくなっています。

D.O.C.コペルティーノの中の、モンテローニ ディ レッチェにある全くの家族経営の生産者です。現在、兄が社長、弟がエノロゴで、この二人を中心に7名のスタッフで運営しています。その年の作柄によって、造るアイテムを変えています。良いヴィンテージにしか上のクラスのワインは造りません。契約農家からは、単に葡萄を買うというより土地を借りて葡萄を造ってもらうというイメージで、1kg幾らではなく、1ha幾らという単位で買い取っています。葡萄は1本の枝に2~3房しか付けません。収穫は、夜中か早朝に100%手摘みで行い、良い葡萄のみ箱に入れます。
ロッカ デイ モリのワインの特徴のひとつが、新しいヴィンテージへの切り替わりが比較的遅く、またワインの熟成がゆっくり進んでいるように感じられることです。熟成させて売ることはお金のかかることですが、ボトル熟成が重要だと思っているので、通常の5~10倍もする価格のコルクを使っています。コルクの色が良くないのは、漂白をしないためです。それも自分達を表現する方法のひとつだと考えています。「長いコルクは印象的でしょう?!」 長い発酵、熟成によっていろいろな力を溜め込むので、それをフィルターで除去することはしたくないと考えています。ブリアコやウイリエーザは、父親の代から使っていて、名前とデザインはユーゴスラビアの人に頼んだもので、今となっては意味は誰も知りません。
ロッカ デイ モリ とは「トルコ人の大きな石」という意味で、オスマントルコが攻めて来た際の首切り台の石のこと。

Data

歴史 1870年代からワイン造り 二代目が施設を新設、畑をおこす
1960年 三代目が会社を設立
1975年 元詰め開始、自社ブランドラベルを使用
1995年 葡萄園を増やし、最新技術を導入。世界中へ輸出を開始。
オーナー マルチェッロ アポロニオ: 兄。社長(1964年生)4代目。
マッシミリアーノ アポロニオ: 弟。エノロゴ。(1971生)4代目。南イタリア エノロゴ協会の会長に就任。

マルコ プリオーリ : エノロゴ。ペルージャ大学卒
パンクラッチオ、エリオ リッツォ : アグロノミスト。契約畑のコンサルタントもする。
葡萄園 50ha (35%がコペルティーノ、25%がスクインツァーノ)+ 80ha契約農家からの買い取り葡萄
栽培 農薬は雨の多い年だけ使用
ワイン造りの物語 ロッカ デイ モリのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る