生産者情報 ―producer―

ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ

  • イタリア
  • バジリカータ

ヴゥルトゥーレとはこの地域にある休火山の名前です。火山があるということが、このワインに独自の要素をもたらしています。

バジリカータ州アチェレンツァの農協が破産。農家は葡萄を造り続けていましたが、誰も葡萄を買わないので、ファルネーゼが農協に出資することにしました。広大な畑がありますが、そのうち170haを選んでヴィニエティ デル ヴルトゥーレを造っています。
畑は火山灰土壌で、標高500m以上の高い所にあり、冷涼です。アリアーニコは晩熟ですが、成長過程では涼しい気候を好むため、適しています。ワイナリー自体も標高600mにあります。グリーンハーヴェストしています。平均樹齢60年で、中には80年のものもあります。樹が古いので、収穫量はあまり多くありません。朝の気温は8度位で、標高900mの場所では、雪が降ることもあります。有名になってきて、農家が葡萄を売りに来るようになりましたが、良い農家とは契約して、農協より高い価格で買い取っています。
デニス ヴェルデッキアは、ここに来るまでは、アリアーニコの醸造をしたことはありませんでしたが、皮の薄さと実際に食べてみて、ピノ ノワールと同じようにやってみようと思いました。ニュージーランドにいた時に学んだピノ ノワールの醸造についての知識と経験が役立ちました。例えば、皮が薄いためポンプを使うと攻撃的なタンニンが出てしまうので、ピノ ノワールと同じようにポンプを使わないといった具合です。
ファルネーゼ グループでは、毎年フランスの樽メーカーを訪問し、一番良い木材を選び、樽の焼き具合も自分たちで決めています。また、樹齢の古い板の方がより豊かなテクスチャをもたらすので、出来るだけ樹齢の古い木の板を使うようにしています。ヴィニエティ デル ヴルトゥーレのセラーの2階にはラボが併設されており、資格を持ったスタッフが検査や分析を行っています。ここでは2014年4月から最新式の瓶詰ラインが稼働しています。
町のある丘には500年前の雪の貯蔵用の洞窟を利用した樽熟成用セラーがあり、2011年から使用しています。中が非常に涼しく、季節を問わず16~18度程度の一定の気温に保たれていて貯蔵に最適です。

Data

歴史 2010年  ファルネーゼが、破産したバジリカータの農協に出資
オーナー ファルネーゼ ヴィニ

デニス ヴェルデッキア : エノロゴ。
葡萄園 100%買い葡萄  
170ha  平均樹齢60年(80年のものもある)
栽培 手作業  除草剤、肥料は使用せず、土を耕し、土にすき込んでいる。
ワイン造りの物語 〈ヴェゼーヴォ(カンパーニャ)とヴルトゥーレ(バシリカータ)のアリアーニコの違い〉
カンパーニャとバジリカータは両方とも火山性土壌です。
カンパーニャはトゥフォ(火山灰が堆積してできた凝灰岩の細かなパウダー状の土)の土壌になっているため、ワインはより複雑なスパイシーさ、エレガントさが備わります。
バジリカータは火山性土壌に石灰と鉄分が混ざった土壌になっているため、ワインは肉厚で骨格あるボリューム感と柔らかさが備わります。

「南イタリアのルネサンス」ファルネーゼ 来日セミナー(2015年)

〈ファルネーゼグループのその他のワイナリー〉
・テヌーテ ロセッティ(トスカーナ)
・ヴィニ ファンテーニ(アブルッツォ)
・ヴェゼーヴォ(カンパーニャ)
・ヴィニエティ デル サレント
・ヴィニエティ ザブ(シチリア)

ヴィニエティ デル ヴルトゥーレのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る