生産者情報 ―producer―

ボデガス ガバルダ

  • スペイン
  • カリニェナ

地元の生産者が引き継いで、ガバルダが復活しました

ボデガス ガバルダはアラゴンの州都サラゴサの南45kmに位置します。以前ここでワイン造りをしていたボデガス ロマブランカから、畑や醸造設備をそのまま引継ぎワイン造りをしています。この場所には大昔から、“Gabarda” (ガバルダ、野バラの意味)が自生していたことから、畑はGabardosa = 野バラの土地と呼ばれ、そこから出来るワインをGabardaと名付け、ラベルにも描かれています。

Data

葡萄園 120haからなる葡萄畑は、大陸性の影響を受けた乾燥した気候で、冬は寒く、夏は非常に暑く、降雨量が少ないのが特徴です。土壌は、粘土と石灰質で非常に水はけがよく、葡萄の栽培に適しています。葡萄品種はテンプラニーリョ、ガルナッチャ、シラー、メルロ、シャルドネ等を栽培しています。
栽培 畑の管理の重要性を重んじ、自然環境に配慮しながら、現代的な栽培技術を取り入れています。
ワイン造りの物語 ボデガス ガバルダのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る