トピックス ―topics―

RSS FEED

【稲葉通信】2019年 タイトル シュロス・リーザー & フリッツ・ハーク ~こだわりの地、モーゼルの魅力とリースリングの奥深さ~(営業3課 辰見 正史)

 

【稲葉通信】伝統と革新を追い求める若き造り手! マイアーラー (営業1課 阿部 恭大)

 

【稲葉通信】モーゼル銘醸畑を所有。低温で長い発酵期間が長期熟成できるワインの決め手ケース キーレン (営業1課 出沼 陽一)

 

今月(2019年5月)のおすすすめワイン

 

【レストラン紹介】 鴻巣に根付くアットホームなビストロ「Bistro&Wine CAVO」(営業1課 橋本 真瑠)

 

今月(2019年4月)のおすすすめワイン

 

【稲葉通信】テッレ デル バローロ 来日セミナー(2019年2月来日)

 

今月(2019年3月)のおすすすめワイン

 

今月(2019年2月)のおすすすめワイン

 

【レストラン紹介】小江戸 川越に根付くアットホームなイタリアン「Osteria Sato(オステリアサトウ)」(営業一課 藤田進也)

 

【速報】ルカ マローニ2019にて快挙!ファルネーゼ、ロベルト・サロット

 

【稲葉通信】ウィリアム フェーブル チリ 来日セミナー(2018年9月来日)

 

【稲葉通信】カステロ デ メディナ 来日セミナー(2018年9月来日)

 

【稲葉通信】ボデガ イヌリエータ 来日セミナー(2018年6月来日)

 

【稲葉通信】ルイジ リゲッティ来日セミナー(2018年6月来日)

 

「ロッソ ピチェーノ スペリオーレ イル ブレッチャローロ/ヴェレノージ」の商品ラベルに関するお知らせ

日頃より弊社の取扱いワインをご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。
この度、弊社取扱い商品、ロッソ ピチェーノ スペリオーレ イル ブレッチャローロ 2016/ヴェレノージ(品番:I251)におきまして、一部ロットのラベルに「ブレッチャローロ(BRECCIAROLO)」の表示がないことが判明いたしました。

生産者に問い合わせをしたところ、商品はこれまでのロッソ ピチェーノ スペリオーレ イル ブレッチャローロと同じであるとの確認が取れました。

ヴェレノージでは日本以外の市場向けには商品名の簡素化のために、同商品を「ブレッチャローロ(BRECCIAROLO)」の表示が入らないラベルで出荷しております。今回入荷したロットは、現地においてラベルの貼り間違いが発生し、「ブレッチャローロ(BRECCIAROLO)」の表示がない、日本以外の市場向けのラベルを貼ったものが日本に届いてしまいました。つきましては、一定期間「ブレッチャローロ(BRECCIAROLO)」の表示がなくなります。

日頃よりこちらのワインを御愛顧いただいておりますお客様には多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
今後、生産者と共に再発防止に努めてまいります。引き続きヴェレノージのワインをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

【稲葉通信】ボージョレ ヌーヴォーが空港に到着いたしました。(経営企画室 内田圭亮)

 

【レストラン紹介】六本木にオープンしたイノベーティブ チャイニーズ!シェフのアイデアと腕が光る「Fff…TOSHI」(営業一課 山本和宏)

 

【レストラン紹介】JR高架下にひっそりと佇む、鉄板焼&ワインのお店 「千ろ屋」 名古屋・新栄 (営業2課 小柳 太)

 

【レストラン紹介】アットホームな雰囲気の中、シェフこだわりの料理を堪能できるお店「いしがみオステリア」 東京・青梅市(営業1課 阿部恭大)

 

【稲葉通信】区画毎にタンクを分け、ブレンドして造るスタイルは私のポリシー。一杯でも二杯でも、 どんどん飲みたくなるようなフレッシュなシャブリ  ~ドメーヌ デュ コロンビエ~(営業1課 清高直大)

 

【稲葉通信】誰よりもシャブリのテロワールを知り尽くし、そのテロワールの違いを伝えることが一生の使命である生産者“ジャン ポール エ ブノワ ドロワン”(営業4課 大前展弘)

 

【稲葉通信】成長著しいサントネの若き雄 ~ジャック ジラルダン~(営業1課 清髙直大)

 

【稲葉通信】まさかあそこを登るとは!?プルミエ クリュの昇格を間近に控えるプイイ フュイッセの中でも目が離せない注目生産者ジャック&ナタリー ソメーズ(営業4課 大前展弘)

 

配送の遅れについて

台風の影響により、配送に遅れが生じております。
本日4日(火)発送予定のご発注につきましては、最短で明日5日(水)発送となります。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願いいたします。

また、一部事業所ならびにショールームの営業時間を下記の通り変更させて頂きます。
■ 営業本部・流通センター(名古屋市) 8時30分~12時00分
■ ショールーム 10時00分~12時00分

なお、東京支店(TEL:03-5333-3488)と福岡営業所(TEL:092-739-9800)につきましては、通常通り営業いたします。

台風21号のため、営業時間を変更・臨時休業させていただきます

日頃より弊社輸入ワインをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

台風の影響により、一部事業所ならびにショールームの営業時間を下記の通り変更させて頂きます。
■ 営業本部・流通センター(名古屋市) 8時30分~12時00分
■ ショールーム 10時00分~12時00分

なお、東京支店(TEL:03-5333-3488)と福岡営業所(TEL:092-739-9800)につきましては、通常通り営業いたします。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願いいたします。

【稲葉通信】夫婦の愛情から生まれる優しく、柔らかく、包み込むようなワインたち。/ドメーヌ ラ スフランディーズ (営業1課 清髙 直大)

 

【レストラン紹介】歌舞伎座の真裏に構える粋なワイン居酒屋「平成オペラ座」 東京・東銀座(営業1課 橋本 真瑠)

 

【稲葉通信】個々のヴィンテージの特徴を出しつつも、一貫したスタイルでシャトーヌフの魅力を伝える「クロ デュ モン オリヴェ」(営業1課 飯沼 洋一郎)

 

【レストラン紹介】くつろぎの隠れ家「焼き鳥 すみれ」 名古屋・栄 (営業2課 森 明奈)

 

【稲葉通信】様々なタイプの食事と楽しめる、親しみやすい味わいこそが南ローヌらしさ!それを表現するドメーヌ アンドレ ブルネル (営業1課 飯沼 洋一郎)

 

【稲葉通信】移動式ボトリングマシン。これぞエステザルグ葡萄栽培者組合の「ポリシー」 (営業1課 飯沼 洋一郎)

 

【稲葉通信】マルケをワイン産地として知らしめた立役者ヴェレノージ(営業2課 小柳 太)

 

【稲葉通信】ルカ マローニ「グイダ デイ ヴィニ イタリアーニ」にて年間最優秀生産者賞を8度も獲得。常に進化を続けるファルネーゼの秘訣に迫ってきました(営業1課 藤田進也)

 

【稲葉通信】稲葉のイタリアワイン輸入の歴史と歩んできたバローネ コルナッキア。近年目覚ましい品質向上の原動力を知った訪問でした。(営業1課 藤田進也)

 

【稲葉通信】4、5年かけて造り上げた、理想のヴェルディッキオ “ヴィニェディレオ”(経営企画室 前原森生)

 

【稲葉通信】ザールという銘醸地でエレガントなワインを手掛けるドクター ワグナー。弊社が38年間輸入を続けているその理由は、確かな品質と造り手の魅力にあります。(本社ショールーム 藤野 晃治)

 

【稲葉通信】ドイツを代表する生産者に押し上げた、トーマス ハーク。穏やかな笑顔の裏には柔軟でロジカルな情熱がありました。(営業1課 鈴木歩美)

 

【稲葉通信】良い畑(ブラウネベルガー)、良い生産者(フリッツ ハーク)で良いワインができる。(営業3課 浅井 修)

 

【稲葉通信】モーゼル地方の超一流畑を所有。他では考えられない大変お値打ちなワインを生産するミューレンホフ (営業1課 山本和宏)

 

【稲葉通信】1128年にまで遡る歴史を持つ、フランケンきっての名醸造所「スタートリッヒャー ホーフケラー」。(本社ショールーム 藤野 晃治)

 

【稲葉通信】チリ・マイポ ヴァレーの魅力/トレス パラシオス、ペレス クルス、ウィリアム フェーブル チリ(経営企画室 前原森生)

 

マス デ ブレサド来日テイスティングセミナーの内容をアップいたしました。

2月5日~8日に東京、名古屋、大阪、福岡でマス デ ブレサドのオーナーであり醸造家のシリル マレス氏を招きテイスティングセミナーを開催致しました。

【稲葉通信】チリワインの産地地図を塗り替えた2人のイタリア人/ビーニャ ファレルニア(経営企画室 前原森生)

 

【稲葉通信】毎年哲学的な言葉を残すシャブリの生産者ジャンポール ブノワ ドロワン。 今年はどんな言葉を残すのか? それが楽しみでありました。(営業1課 大橋 中)

 

【稲葉通信】僅か1haの畑から全てが始りました。ジルベール ピクも推奨するシャブリの生産者。/フランシーヌ エ オリヴィエ サヴァリ(営業2課 足立 雅子)

 

TOPへ戻る