生産者情報

セラーズ カン ブラウ

女性エノロゴが造るワインは、ヒル ファミリーの中でもひと味違います。

セラーズ カン ブラウ
セラーズ カン ブラウ
セラーズ カン ブラウ
セラーズ カン ブラウ
セラーズ カン ブラウ
セラーズ カン ブラウ

生産者情報

スペイン
地域 モンサン
歴史

2003年から、ヒル ファミリー エステーツが展開

オーナー

ミゲル ヒル

ヌリア ロペス サロカ(エノログ):タラゴナ出身。醸造大学卒業後、ナパ、オーストラリア等で働く。2005年から農協、2012年からはカン ブラウで働く。

葡萄園

所有面積は全体で約35ha、畑の標高は160~560m、8つの区画に分かれています。土壌は石灰岩、粘土、砂の混ざる組成。

栽培

栽培する3種類の葡萄、ガルナッチャ、カリニェナ、シラーは、それぞれの品種に最も適した土壌で栽培しています。ガルナッチャはスレート(粘板岩)と石灰岩がベースの土壌、カリニェナは粘土と砂、シラーは石灰質の土壌で育てています。

<ワインのスタイル>

ヒル ファミリーのワインの中で、セラーズ カン ブラウだけスタイルが違うと感じることはないでしょうか?実は、ヒル ファミリーの濃厚でパワフルなスタイルはオーナーのミゲルさんの好みを反映しています。しかし、カン ブラウはノリアさんを筆頭に女性が主体でワイン造りを行っており、それはモンサンの華やかな特徴にとてもよくマッチしています。アタラヤやアテカに比べて少し弱いことが短所ではなく、むしろ長所としてワインを楽しむことができます。

〈ヒル ファミリー エステーツ グループ〉

・ヒル ファミリー エステーツ(フミーリャ)

・ヒル ファミリー エステーツ(ルエダ)

・ヒル ファミリー エステーツ(リオハ)

・オロワインズ(フミーリャ)

・ボデガス アテカ(カラタユード)

・ボデガス アタラヤ(アルマンサ)

・ボデガス トリデンテ(カスティーリャ イ レオン)

・ラガール デ コンデサ(リアス バイシャス)

セラーズ カン ブラウのワイン一覧

取り扱いワイン

ワイン名 ヴィンテージ タイプ 飲み口
ブラウ 2020年 スティルワイン

フルボディ
カン ブラウ 2019年 スティルワイン

フルボディ
マス デ カン ブラウ 2011年 スティルワイン

フルボディ

フミーリャを本拠地とするヒル ファミリー エステーツが、2003年からD.O.モンサンのエリア内、エル モラルで展開するボデガです。

「ふたつのD.O.にまたがる特別な村エル モラール」・・フミーリャを本拠地とするヒル ファミリー エステーツが、2003年からD.O.モンサンのエリア内、エル モラールで展開するボデガです。エル モラールは、モンサンとプリオラートのふたつのD.O.をまたいでいる特別な村で、この村で産するワインの60%はプリオラートとして市場に出ます。

「品種ごとに最適な土壌を選択」・・栽培する3種類の葡萄、ガルナッチャ、カリニェナ、シラーは、それぞれの品種に最も適した土壌で栽培しています。ガルナッチャはスレート(粘板岩)と石灰岩がベースの土壌、カリニェナは粘土と砂、シラーは石灰質の土壌で育てています。ポイントは常に畑を回って葡萄を食べること。完璧な完熟のタイミングを逃してしまうと過完熟、つまりはバランスを失ってしまうので注意しなければならないからです。

「カン ブラウは青い家」・・カン ブラウの名称は、カタルーニャ語の「カン=家」、「ブラウ=青」によります。光を受けたモンサンの土壌が青く見えたことに由来しています。印象的なラベルデザインは教会のステンドグラスをイメージしたもの。モンサンは「聖なる山」という意味があるため、それを意識しています。

「モンサンとプリオラートの違いは」・・よく比較されるプリオラートとの違いですが、「プリオラートは花の核(中心)の部分、より集約されており力強い。モンサンは花の萼(がく)の部分、華やかでエレガント、多様さがある」とワインメーカーのヌリアは話していました。

<評価>

評価 ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2019」でモンサンのトップ生産者。