生産者情報

ヒル ファミリー エステーツ

スペインワインの台風の目になる予感を感じさせるグループ生産者

ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ
ヒル ファミリー エステーツ

生産者情報

スペイン
地域 フミーリャ
歴史

1916年 ホワン ヒル ヒメンス(曽祖父)がフミーリャに小さなボデガを設立

その後、ゲレロ(祖父)もワイン造りに関わり、ゴンザレス(父)が引継ぐ。

2003年 ミゲルがオロワインズ設立。

オーナー

ミゲル ヒル : 1959年生。4代目。9人兄弟の6番目。オフィスワークが主な仕事だが、ブレンドが一番好きで、必ず立ち会う。

バルトロ アベリャン  : エノロゴ。ヒル ファミリー エステーツの全てのワイナリーの醸造に関わる。各ワイナリーには醸造責任者がおり、彼らは常にバルトロに相談し、意見を交換する。

ミゲル ヒルは、父について葡萄畑やセラーに行くのが好きでした。ワイナリーで働きたいと言うと、大学で他のことを学び、それでもしたければ戻っておいでと言われ、飛行機の設計を勉強、一度は就職しました。しかし就職率の低いスペインで、それでもワイン造りがしたいと思い、ワインの仕事に就きました。

〈ヒル ファミリー エステーツ グループ〉

・ヒル ファミリー エステーツ(ルエダ)

・ヒル ファミリー エステーツ(リオハ)

・オロワインズ(フミーリャ)

・ボデガス アテカ(カラタユード)

・セラーズ カン ブラウ(モンサン)

・ボデガス アタラヤ(アルマンサ)

・ボデガス トリデンテ(カスティーリャ イ レオン)

・ラガール ダ コンデサ(リアス バイシャス)

オノロ ベラ シリーズ一覧

「オノロ ベラ」という名前は、数年前に亡くなったミゲルの母 ロサリオ ベラへのオマージュとしてこの名前を付けました。

取り扱いワイン

ワイン名 ヴィンテージ タイプ 飲み口
オノロ ベラ フミーリャ モナストレル 2021年 スティルワイン

フルボディ
オノロ ベラ オーガニック 2021年 スティルワイン

フルボディ
オノロ ベラ ロサド 2022年 スティルワイン

ロゼ

辛口

「ふたつの顔を持つ生産者グループ」・・ヒル ファミリーは、9つの生産地域、10の興味深いワイナリーのプロジェクトを統合した名称です。売り手としては大企業のような顔を持ち、造り手としては小さなワイナリーの集まりとして、コストパフォーマンスの高いワインを造りたいと思っています。そのため、それぞれのワイナリーはD.O.も醸造責任者も違いますが、その営業活動から運営のコンセプトに至るまで、まるで一つの会社のように成り立っています。

「ワイナリーの場所選びの基準は3つ」・・「土着品種があること」、「古い樹齢であること」、「マイナーなアペラシオンであること」です。低い投資額でも貴重な古い樹齢の畑を入手出来るからです。

「ミゲルがセラーを設計」・・ミゲルは各ワイナリーのセラー全体の設計も行ないます。「簡単で効率の良い作業」「働きやすい環境」「コストを抑えること」を念頭に入れて設計します。全てのワイナリーが、建物全体を温度コントロール出来、さらに部屋単位で冷房、暖房を入れ替えられるようになっています。

「5人でのテイスティングに基づいてブレンド」・・ブレンドは、必ず5名で行ないます。誰か体調が悪い人がいても、全体で良い判断ができる人数です。どのワイナリーでも、特定の区画のものをトップキュヴェに使うといったことを予め決めておくことはしません。必ずテイスティングして決めます。

<評価>

ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2019」に、赤★→★★★、『家族経営のボデガ。また、アテカ、カン ブラウ、サシャを含む素晴らしいモダンなワイナリーも所有するグループ』、さらにフミーリャの優良生産者。「ワインスペクテーター2019.06.15」で7頁に渡り、特集記事が掲載。