生産者情報

ドミニオ エル リンコン

スペインワイン界に革命を起こした男、カルロス ファルコ

ドミニオ エル リンコン
ドミニオ エル リンコン

生産者情報

スペイン
地域 ビノス デ マドリッド

〈カルロス ファルコのその他のワイナリー〉

・パゴス マルケス デ グリニョン

取り扱いワイン

ワイン名 ヴィンテージ タイプ 飲み口
マルケス デ グリニョン エル リンコン 2014年 スティルワイン フルボディ

エル リンコンは、首都マドリッドから南西に54km、アルデア デル フレスノ位置しています。1850年よりマンザネド侯爵、後にサントーニャ公爵となったジョセ マンザネドが所有していた土地で、1994年にカルロス ファルコ氏が叔母のマンザネド侯爵夫人、パロマ ファルコから相続しました。19世紀には100haの畑でガルナッチャおよびティントレラが栽培されていましたが、20世紀中頃に葡萄は引き抜かれてしまいました。ファルコ氏は2000年から2001年にかけて新たに葡萄の植樹を行いました。2000年にシラーを8ha、2001年にはガルナッチャ1haを植えました。2002年に空調が完備されたセラーを建設しました。このエル リンコンでもドミニオ デ バルデプーサと同じ哲学に基づいて、土地の持つ個性を尊重し、高い品質と革新性をワイン造りが行われています。海抜485mに位置するエル リンコンは地中海性気候の影響を受け、夏と冬の寒暖の差が非常に激しい場所です。年間の平均気温は12-16度、年間平均降雨量は450mmです。酸度の高い土壌(pH5.5)で、表層土は風化花崗岩(石英、長石、ミカ)、下層土は粘土質の組成になっています。ドミニオ デ バルデプーサの粘土石灰質の土壌とは対照的で、2つの異なるテロワールがワインにどのような個性を与えているのかを比較するのは非常に興味深いことです。