生産者情報 ―producer―

シャルル ペール エ フィーユ

  • フランス
  • ブルゴーニュ

オート コート ド ボーヌの昔ながらの個人生産者
料理と共に楽しみたいブルゴーニュ ワイン

娘二人が参加し、再スタートを切った家族経営のワイナリー
シャルル ペール エ フィーユはオート コート ド ボーヌの中心、ナントーに位置しています。ボーヌの町から約8km西にあります。葡萄畑は合計で14haを所有し、10haがオート コート ド ボーヌ、4haがヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ボーヌにあります。現在はフランソワ シャルルから息子のパスカルと彼の娘ポリーヌがドメーヌを引き継ぎワイン造りを行っています。
現オーナーのパスカルは1988年に父のフランソワからドメーヌを引き継ぎました。そして2015年には、パスカルの娘ポリーヌが加わり、新たにシャルル ペール エ フィーユを立ち上げました。2021年には、ポリーヌの妹であるマリーが参加しています。また、ポリーヌは自分たちのワインを親しみやすい雰囲気の中で味わってもらいたいと考え、「La table de Pauline(ポリーヌの食卓)」というレストランを開いています。

合計で14haの葡萄畑を所有しており、その内10haがオート コート ド ボーヌ、残りの4haがヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ボーヌにあります。その他にシャブリやマコン、ジュヴレ シャンベルタン、ニュイ サン ジョルジュなどのワインも生産しています。毎年、そのヴィンテージで出来得る最高の品質を目指し、土地の個性、区画の特徴を最大限に表現したワインを造っています。また、彼らは自然環境に配慮した葡萄栽培、ワイン生産を行っています。2021年3月にフランス農水省のHVE(環境価値重視)認証を取得しています。HVEは環境保全、生物多様性に重点を置いた認証で、害虫対策や肥料、水資源の利用などについて厳しい基準を定めています。手摘みで収穫した葡萄は選果テーブルで選別し、除梗します。数年前から、試験的に全房発酵も行っています。発酵は10~15日間、手動でピジャージュし、空気圧プレスで圧搾します。熟成は樽で行い、ボトリングの前まで澱と一緒に寝かせます。

アンフォラから着想を得て生まれた、特別な樽「メンヒル」
パスカルは、ワイン造りの工程において熟成は非常に大切だと考えています。オート コート ド ボーヌのキュヴェ“メンヒル”は、パスカルがアンフォラからインスピレーションを得て樽メーカーに特別に注文した上部が狭い形状の木樽で熟成をさせています。彼はこの特別な樽に「メンヒル」という名前をつけました。「メンヒル」とは先史時代の巨石記念物で、1本の長い石を立てたものです。
この形にした理由は「ワインが樽の内部で自然に対流を起こすことが知られていたからだ」とパスカルは語ります。また、この樽で熟成させると、成分がワインにしっかりと溶け込み、澱が出にくくなるそうです。2011年に初めてこの樽を使用してワイン造りを行い、結果が良かったため、それ以降もこの樽を使っています。この樽で熟成させたワインは、とてもフルーティでボディがしっかりとしています。

Data

歴史 1900年 ドメーヌ シャルルを設立。最初の葡萄を植樹。
1950年 新たな区画を購入、生産を拡大
1960年 自家農園元詰めをスタート
1988年 パスカルがドメーヌを引き継ぐ
2015年 パスカルの娘ポリーヌがドメーヌに加わる
2016年 メゾン シャルル ペール エ フィーユを設立
オーナー パスカル シャルル
葡萄園 合計14haを所有  
10ha オート コート ド ボーヌ
4ha  ヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ボーヌ
ワイン造りの物語 シャルル ペール エ フィーユのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る