生産者情報

カンティーナ ディ クストーツァCantina di Custoza

クストーツァを代表する生産者組合

童話をモチーフにした伝統的なワイン

カンティーナ ディ クストーツァ
カンティーナ ディ クストーツァ
カンティーナ ディ クストーツァ
カンティーナ ディ クストーツァ
カンティーナ ディ クストーツァ
カンティーナ ディ クストーツァ

生産者情報

イタリア
地域 ヴェネト

取り扱いワイン

ワイン名 ヴィンテージ タイプ 飲み口
クストーツァ 2022年 スティルワイン 辛口
デッレ ヴェネツィエ ピノ グリージョ 2022年 スティルワイン 辛口
バルドリーノ キアレット 2022年 スティルワイン ロゼ 辛口
バルドリーノ 2022年 スティルワイン ミディアムボディ
ロッソ デル モリーノ 2020年 スティルワイン ミディアムボディ
ガルダ メルロ 2022年 スティルワイン ミディアムボディ

クストーツァを代表する生産者組合

カンティーナ ディ クストーツァは1968年に設立されたこのエリアを代表する生産者組合です。設立当初は83軒の栽培農家しかいませんでした。1971年にクストーツァのファーストヴィンテージの生産を始めました。この年は、ちょうどクストーツァがDOCに認定された年でもあります。これはカンティーナ ディ クストーツァにとってこの土地の歴史を大きく変える転機となりました。現在、組織は大きく発展し、200軒の栽培農家から構成され、全体で1,000haの畑で葡萄を栽培しています。

 

畑は主にガルダ湖の南東の斜面に位置しています。伝統を重んじながらも革新的な技術を取り入れ、その土地の個性が表現されたワイン造りを行っています。単なるワインとしてではなく、グラスを傾ける度に、葡萄を育てている人々の土地や伝統への情熱や愛情が飲み手に伝わるようなワインを目指しています。

 

 

童話をモチーフにした印象的なラベル

カンティーナ ディ クストーツァの「イ クラッシチ」シリーズはクストーツァのエリアで昔から造られてきた伝統的なワインのシリーズで、どんな食事にも寄り添う、調和のとれたフレッシュな味わいを持っています。ラベルには、時代を超えて愛されるこれらのワインと同様に、時代を超えて多くの人々に読み継がれている童話をモチーフとしています。クストーツァは「しっかり者のスズの兵隊」、ピノ グリージョは「ジャックと豆の木」、バルドリーノ キアレットは「ピノッキオの冒険」、バルドリーノは「赤ずきん」、ガルダ メルロは「ブレーメンの音楽隊」、ロッソ デル モリーノは「三匹の子豚」がモチーフになっています。