生産者情報 ―producer―

ヴィニエティ ザブ

  • イタリア
  • シチリア

ファンティーニがシチリアで手掛けるワイナリー
シチリアの恵まれた気候を生かした、幅広いラインナップかつ高品質なワイン

ヴィニエティ ザブは、シチリア島のサンブーカ ディ シチリアで、ファンティーニ グループ(ファルネーゼ)が運営するワイナリーです。サボテンしか育たないような暑く乾燥した気候ですが、アランチョ湖の水を灌漑に使用することで、高いポテンシャルを持った葡萄を得ることが出来ます。醸造設備は、主に組合のものを使用していますが、クロスフロー フィルターなど自ら持ち込んだものもあります。セラー内には古いコンクリートタンクがあり、主にワインの保管やマロラクティック発酵に使用しています。ステンレスタンクより長期保存に向いており、フルーティさを残すことが出来ます。セラーの壁は1m程の厚いコンクリートで出来ていて、気温が一定に保たれます。

自家畑は25haで、残りは買い葡萄でまかなっています。葡萄の購入先は協同組合のメンバーですが、ファンティーニ グループの統括醸造責任者であるフィリッポ バッカラーロが認めた区画のものしか購入しません。葡萄の買取りは、収穫した葡萄の重さに対して代金を支払うのが一般的ですが、ファンティーニ グループでは区画に対して支払います。葡萄農家は、収量が減っても収入は減らないため、選定、間引きなどを躊躇なく行うことが出来ます。自社畑の葡萄は主に上位クラス、買い葡萄は主にスタンダードクラスに使用しています。殺虫剤や防カビ剤、除草剤などの科学的なものは使用せず、機械は一切使用せずに手作業のみで畑仕事を行います。収穫は、朝4時~9時の涼しい間に行います。


暑く乾燥した気候とアランチョ湖の水を利用した灌漑
昼夜の寒暖差などの条件が重なり豊かなアロマを形成します

ザブの畑は他の場所よりも標高が高く、夜になると涼しくなります。山の中に畑があるため昼夜の寒暖差が大きく、そのおかげで豊かなアロマが形成されます。この気候条件によって、葡萄の糖度が高いだけではなく、リッチなアロマを持っていることがザブのワインの優れた特徴です。


高樹齢で凝縮感のある葡萄を、さらに樹上で乾燥させて得られる『イル パッソ』の集約された味わい
イル パッソの畑は丘の頂上にあります。丘から丘へ続く道をイル パッソと呼んでいて、それをワインの名前にしました。この地域には樹齢の古い樹がたくさんあります。年を重ねるにつれ、葡萄の根が地中深くまで伸び、豊富な養分を吸収します。また、房の数は自然と少なくなるため、凝縮した葡萄を実につけます。もうひとつの特徴として、日中は、とても暑いため、枝をカットし樹上に残した葡萄の実は自然に乾燥し、しぼんでいきます(写真)。水分が抜けることで葡萄は凝縮し、色は濃くなり、糖度が上がるだけではなく、風味も集約されます。

Data

歴史 1980年 アディア ヴィッラが南アメリカからイタリアへ移住、ワイン販売に携わりました。その後、念願の畑を購入。友人のフィリップ バッカラーロに畑を見せたところ、その可能性に惹かれ、バッカラーロは個人的に関わるようになりました。
1984年 3年間の畑の手入れ後、ワイン造りを開始。
2010年 世界中の顧客を相手をすることが難しくなり、ファンティーニがオーナーになる。
オーナー ファンティーニ グループ

ジュゼッペ アルファーノ : 常駐エノロゴ。シチリア出身。2013年10月より参加。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、プロヴァンス等、世界各地のワイナリーで経験を積んでいる。
フィリッポ バッカラーロ : ファンティーニのエノロゴ。収穫時など、重要なポイントに来て、全体の指示を出す。ネーロ ダーヴィラとグリッロが好きなので、ザブを気に入っている。
葡萄園 自家畑 25ha : 主に上位クラスに使用
組合メンバーの契約畑からの葡萄 : 主にスタンダードクラスに。徹底した技術指導をする。バッカラーロが認めた葡萄のみ購入。
標高が高いため、昼夜の寒暖差が大きく、葡萄栽培に向く。
栽培 殺虫剤、防カビ剤、除草剤など化学的なものは使用しない。 機械は一切使用せずに手作業。
サボテンしか育たないような乾燥した気候のため、アランチョ湖の水を灌漑に使用。
ワイン造りの物語 〈ファンティーニ グループ〉
・テヌーテ ロセッティ(トスカーナ)
・ファンテーニ(アブルッツォ)
・ヴェゼーヴォ(カンパーニャ)
・ヴィニエティ デル サレント(プーリア)
・ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ(バシリカータ)

ヴィニエティ ザブのワイン一覧
取り扱いワイン

TOPへ戻る