生産者情報

テヌーテ トスカーネ ディ ブルーナ バロンチーニ

亡父の夢 トスカーナの有名な6つのDOCGにカンティーナを持つという夢を実現

テヌーテ トスカーネ ディ ブルーナ バロンチーニ
テヌーテ トスカーネ ディ ブルーナ バロンチーニ
テヌーテ トスカーネ ディ ブルーナ バロンチーニ

生産者情報

イタリア
地域 トスカーナ
オーナー

ブルーナ バロンチーニ

〈テヌーテ トスカーネ ディ ブルーナ バロンチーニのその他のワイナリー〉

・テヌータ イル ファッジェート(モンテプルチャーノ)

・テヌータ ポッジョ イル カステッラーレ(モンタルチーノ)

・カズッチョ タルレッティ(キャンティ クラッシコ)

・ファットリア クエルチャロッサ(モレッリーノ ディ スカンサーノ)

「バロンチーニの歴史」 バロンチーニ家の歴史は、今から約500年以上も前にまでさかのぼることができます。現在残る昔の系図によると、バロンチーニ家はサン ジミニャーノの地に、1489年から所有権を得たという記録があります。それから何世紀か後、'60年代にジャウレス バロンチーニがトップクラスのワイン造りでの成功を目指し、現在のカンティーナ バロンチーニを立ち上げました。恵まれた土地と家族の協力、先を見越して少ずつ畑を買い足していき、事業は拡大していきました。

「父の夢を受け継ぐ娘」 娘のブルーナは、父が亡くなった時に医学の道をあきらめ、トスカーナのそれぞれのD.O.C.G.にカンティーナを持つという父の夢を実現するための計画を立てました。現在彼女は畑にいたり、セラーでブレンドしたりと、ワインに携わることをこよなく愛しています。

「6つのカンティーナを所有」 彼女が思い描く理想像は、テロワールに密着した、土地の個性が生かされたワインです。6つのカンティーナを所有し、特定の銘柄に特化した生産者が多いトスカーナでは珍しく、幅広いラインナップを生産しています。少ない人数で多くのカンティーナをコントロールすることで、規模と専門性、多品目でありながら効率的な運営という、相反する点を上手く融合させています。

〔バロンチーニ Baroncini〕

「良い葡萄のみを購入」 バロンチーニ ラベルでは、こだわりを持って購入した葡萄に、自社畑の葡萄を10~20%ブレンドして、バロンチーニの個性を表現しています。スタイルを安定させ価格をリーズナブルにすることで、消費者のニーズに応じるという考えの下にワイン造りをしています。買い葡萄といっても、契約ではなく良いと思った葡萄を買っており、良い葡萄は他の生産者よりも高く買います。実際には、毎年ほぼ同じ生産者から買っています。