生産者情報

マイアーラー

モーゼルのユニークな微気象に目を光らせる、気鋭の若手生産者

マイアーラー
マイアーラー
マイアーラー
マイアーラー
マイアーラー
マイアーラー

生産者情報

ドイツ
地域 モーゼル
歴史

1767年 ケステンに設立

オーナー

マティアス マイアーラー

葡萄園

6.8ha

生産者訪問ブログ(2019)

マイアーラーの商品一覧

取り扱いワイン

ワイン名 ヴィンテージ タイプ 飲み口
ケステナー リースリング トロッケン 2021年 スティルワイン 辛口
ケステナー パウリンスベルク リースリング トロッケン 2018年 スティルワイン 辛口
アルテ レーベン リースリング トロッケン 2018年 スティルワイン 辛口
ケステナー リースリング ファインヘルプ 2020年 スティルワイン やや辛口
リースリング ファインヘルプ 2020年 スティルワイン やや甘口
ケステナー リースリング カビネット 2020年 スティルワイン 甘口
ケステナー パウリンスベルク シュペートレーゼ 2020年 スティルワイン 甘口

ケステン村の小さなワイングート(醸造所)  1767年にケステンに設立された家族経営のワイングートです。ケステナー パウリンスホフベルグ、パウリンスベルグなどに6.8haの畑を所有しています。栽培しているのはリースリングのみ、醸造には天然酵母だけを使用しています。現在は8代目のマティアス マイアーラーが意欲的なワイン造りを行っています。

気鋭の若手マティアス  1982年生まれのマティアス マイアーラーは、ガイゼンハイムで学んだ後2003年から2013年まではブラウネベルグのフリッツ ハークで働いていました。その間は、限られた時間で実家のワイン造りの仕事を手伝うのみでした。しかし2008年にDLG(ドイツ農業振興協会)のJungwinzer des Jahres(今年の若いワインメーカー)に選出されたことで、マティアスの意識が変わりました。それ以来、自身のワイナリーでのワイン造りに力を入れるようになりました。リースリングの持つ様々なポテンシャルを引き出すため、急斜面で育つ葡萄から、最高の品質を引き出すよう、努力を重ねています。

<評価>

「ヴィヌム2019」で2星。